旅行

皆様こんにちは。 今日のテーマは、旅行についてです。 1/23.24と連休を取ることが出来ましたので、 長野に住む高校からの友人の所に遊びに行ってきました。 長野は、薪ストーブの使用が全国一の場所でもあるんですよ! 友人の自宅もログハウスになっていて、 当然のように薪ストーブが設置してあります。 続きを読む

顧客訪問

今日は日曜日でしたので、 現場はお休みです。 そこで、先日ご契約いただいた方の 土地の造成工事の進行具合を見に行ってきました。 4月頃の完成予定ということで まだまだ時間はかかりそうですが、 造成地全体の土留めブロックは終了し、 道路の「遣り方」はされていました。 お客様同様、造成工事の完成を待ち遠しく思います。 土地を見に行った帰り道、 一年半程前にお引渡しをさせていただいた T様邸にご挨拶に寄らせてもらいました。 建物の前に車を止めたところ、 気付いていただけた様で、ご主人と娘さんが インターホンを鳴らす前に、わざわざ出迎えてくださって、 大変うれしく思いました。 T様邸は、二世帯住宅を建てるに当たって、 玄関も分ける完全分離タイプとされましたが、 続きを読む

薪ストーブ

皆様こんにちは。 今日のタイトルは「薪ストーブ」です。 何故かと言いますと、 これまで矢川原は、リフォームでは 薪ストーブを扱っておりましたが、 新築ではありませんでした。 それが、先日初めて新築工事として、 「薪ストーブのある家」を契約することができました。 お客様は、昨年の4月に行った見学会のときに ご来場いただいた方で、 無垢の木をふんだんに使った家作りに共感していただき、 この度契約の運びとなりました。 また、薪ストーブにも非常に関心が高く、 ぜひとも薪ストーブのある住まいを建てたいということで 打合せをすすめてきました。 住まいは6帖の吹抜けのある開放的なリビングに 薪ストーブを設置しております。 工事は、土地の造成の関連で 4月頃から予定しておりますが、 お客様はもちろん、 私自身も今から楽しみで仕方ありません。 今回は、内部の塗り壁を お客様自身が自らの手でやる予定です。 自分の家に対する愛着も沸きますし、 何より、家族で楽しくやっていただければと思います。 私も時間に都合をつけて、お手伝い出来ればなあと 考えている次第です。 契約に当たって、「うれしくて涙が出そうだ」 と語るお客様を見て、 私自身うれしくなると同時に 改めて自分の仕事に責任を感じ、 身の引き締まる思いでした。 最近、原油の高騰もあり、薪ストーブが注目されています。 今日も車でラジオを聴いていたら、 「Nack5」で薪ストーブの特集をしていましたよ。 聞いていた方もいるのではないでしょうか? 薪ストーブは人を三度暖めるといいます。 薪を割ることで身体を暖め、 その炎で部屋を暖める、 そして、その揺らめく炎が心を暖めるというのです。 弊社の展示場にも 薪ストーブを実際に設置してありますので、 展示場を使用するたび、薪ストーブの良さを実感しております。 来月の9、10、11日の三連休で 展示場のイベントも予定しております。 薪ストーブに興味のある方は ぜひご来場下さい。 社員一同心よりお待ちしております。 矢川原かわら版

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 新米社長のつれづれ日記、初のブログになります。 個人的にもブログをやっていたわけではありませんので、 人生初のブログとあってかなり緊張しておりますが、 自分の人となりが、少しでも読んでいる方に 伝われば良いなあと思っております。 筆不精もあり、中々更新できないこともあるかと思いますが、 温かい目で見守って下さい。よろしくお願いします。 私の趣味の一つに旅行があります。 営業仕事もありますので、平日休みということからもっぱら一人旅ばかりですが・・・。 温泉好きなので、日帰りや一泊で近場に行くこともありますが、 正月だけは七草までの休みを利用して遠出をします。 昨年は岡山・広島方面。今年は、鳥取・島根・兵庫と山陰地方を廻ってきました。 出雲大社に石見銀山などなど多くの歴史ある場所を拝見することができました。 どちらにしても、先人の技術の高さ、そこに至るまでの苦労が感じられ、 ため息が出るばかりでした。 ただ、感心するばかりではいられないので、 自分の仕事に対しても先人を見習い、末永くお客様の生活を守る砦として、 愛着を持って使っていただける家造りを行っていきたいと 改めて考えさせられた旅行となりました。 「矢川原かわら版」