一年間お世話になりました。

皆様こんにちは。 今年も残す所は、今日1日のみ。 明日には新年を迎えることになります。 1年間、本当にお世話になりました。 弊社も29日に仕事納めとなり、 昨日の30日より、1月7日までお休みを頂くことになります。 お蔭様で、今年1年も忙しく仕事をすることが出来ました。 懸案中であった事務所の改装工事を行うことも出来、 とても充実した一年だったように思います。 また、年明け早々から、幾つかの現場が着工予定と、 いいスタートを切ることが出来そうです。 来年もまた、社員一同精一杯頑張って行きたいと思います。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 矢川原かわら版

現場ニュース!

皆様こんばんは。 寒い日が続いていますね~。 私は何とか元気?にしておりますが、 皆様いかがお過ごしでしょうか? 正月ももうすぐとなっております。 風邪など引かないようにお体にはくれぐれもご注意下さい。 さて、今日のタイトルは「現場ニュース」となっております。 なんかこのタイトルが久々な気が・・・(汗) 年末となり、工事中の現場や来年から着工の現場の準備など 忙しくなっておりますよ! 川島町で行われている古民家再生、薪ストーブのある喫茶店。 こちらも大分形が見えてきました! IMGP6438.jpg IMGP6442.jpg 見事な古材が見えていますね! 天井には、杉の無垢板が貼られ、古材の色とのコントラストがきれいですね! 外観は内部から考えると、ちょっとビックリなこんな感じ! IMGP6453.jpg 白の外壁に、緑色の屋根となっております。 実は、牧師さんの資格を持っておられるお客様。 ちょっとした礼拝を出来ればとのことで、 外観は、和風になり過ぎないように要望があったことで、 こんな感じとなりました。 そして、その名は本邦初公開!「リバー・愛・ランド」。 川島町の名前をもじった形にはなりますが、 地元に対するお客様の愛情が見えて来る名前となっていますよ。 完成を楽しみにしていてくださいね! そして、先日見学会を行った地元山田のT様邸。 外壁にモルタルの下塗りも施され、こんな感じになっています。 IMGP6449.jpg この後、漆喰が塗られますよ! 内部も2階リビングは勾配天井となっており、 空間の広がりは圧巻です! IMGP6426.jpg 完成は、2月の予定です。 内覧会も予定しておりますので、楽しみにしていてください! そして、来年基礎着工予定のO様邸、T様邸では、 解体工事が終了して、地盤調査が行われましたよ! IMGP6461.jpg O様邸では、天然砕石を使用したハイスピード工法での 地盤改良が決定しております。 お蔭様で、年始から忙しくなりそうです。 今年もあとわずかですが、 年が明けてからも全力で頑張っていきたいと思います。 引き続きよろしくお願い申し上げます。 矢川原かわら版

耐震改修工事

皆様こんばんは。 先週末の16日、選挙の日ではありましたが、 地元川越市山田で建築中のT様邸にて、見学会を行いました。 完成ではなく、構造を見てもらうための見学会でしたが、 その状態が重要で見たかったんだ!といって頂けるなど 有意義な見学会となりました。 ご協力いただいたT様。 本当にありがとうございました。 そして、本日のタイトルは、「耐震改修工事」とあります。 今月より川越市志多町にて耐震改修工事を行っております。 IMGP6406.jpg IMGP6407.jpg 既存の外壁を剥がして、筋交いを入れ、構造用合板を張ります。 土台には、基礎と緊結するための金物を施工しましたよ! 土台と基礎だけでなく、柱の引き抜きを抑えるための ホールダウン金物も施工してきます。 金物はこんな感じです。 IMGP6405.jpg この後、基礎を増し打ちすることで、 構造材との緊結をすることになります。 今回は、室内にはものが溢れている状態から、 片付けも大変だなあ~と言うことで、 外部からの耐震改修を行いましたが、内部からの改修も可能です。 それぞれの状況に合わせて、対応していきますので、 ご自宅の耐震性を気になさってる方がいらっしゃいましたら、 お気軽にお声掛け下さい。 矢川原かわら版

内覧会を行います!

皆様こんばんは。 今週末16日(日)に地元山田にて工事中の 車好き必見のビルトインガレージのある住まいの内覧会を行います! と言っても、まだ完成ではなく構造を見てもらう内覧会です。 完成すると見えなくなってしまうところこそ 大事にするのが矢川原の住まい造りです。 だからこそこの段階を見ていただきたいです。 16日のみの限定公開ですよ! ぜひ見にいらしてくださいね。 こんな感じの住まいとなっています。 IMGP6391.jpg 外壁に腰板を貼り、その上には漆喰を塗る予定です。 屋根の軒の出は、お客様のこだわりで、 1mとたっぷりと確保しました! やっぱり風格がありますよね~。 現場は既にモルタルの下塗りまで進んでおりますが、 その下地はこのように施工されています。 IMGP6362.jpg  IMGP6381.jpg 外壁の防水シートには、遮熱性能を持ったシートを施工。 その性能を発揮するための通気層もバッチリ確保されていますよ。 内部もこだわりがいっぱいです! ガレージもそうですが、階段の巾は、 なんと1100mmもあります。 IMGP6396.jpg 通常は910mmですから、20センチ近く広いことになります。 ゆとりたっぷりですね~ このほかにもこだわり満載です! 完成を楽しみにしてもらいつつ、今回もお見逃し無く! 皆様のご来場を心よりお待ちしております。 矢川原かわら版

パッシブハウス!

皆様こんにちは。 昨日、パッシブハウスの勉強のため、 軽井沢の勉強会に参加して来ました。 IMG_2141.jpg パッシブハウスとは、ドイツ発祥の超省エネ住宅で、 日本にある次世代省エネルギー基準をはるかに超える 性能を確保することで、ゼロエネルギーを目指す住宅と言えます。 その性能は、軽井沢というとても寒い立地条件の中、 わずかな暖房を入れるだけで、数日間何もしなくても 約20℃の室内気温を維持できるだけの能力を持っています。 この日は外気温7度の中、前日の夜に数時間薪ストーブを使用しただけで、 室内は22℃の気温がありました。 晴れている日は、ストーブをつける必要が無い程だそうです。 「パッシブハウス」では、 断熱材はもちろん、換気システムなどのハードだけでなく、 冬の日射取得、夏の日射遮蔽などプランにも配慮し、 建物の環境を整えていきます。 そして、建物性能を高め、使用するエネルギーを抑えつつ、 太陽光発電や太陽光給湯などの自然エネルギーを利用していきます。 そして弊社でも利用している薪ストーブは、 自然素材を無駄なく利用する暖房設備として、 パッシブハウスでも推奨されている設備でしたよ! IMG_2127.jpg 今回は、既に住まわれているお宅を見せていただけると言うことで、 お施主様自らが一生懸命説明してくれました。 その説明の丁寧さに驚かされると同時に パッシブハウスに対する強い想いを感じずにいられませんでしたね。 今回の勉強会には、 本当に多くの方が、見に来てました! これがその様子。 IMGP6418.jpg 玄関が靴でいっぱいです(笑) これだけの方が、パッシブハウスに感心を持ち、 見学会に参加していることになります。 弊社のある埼玉県の川越と言う場所では、 これほど性能を高くしていく必要は、 もしかしたら無いのかもしれません。 ただ、これからの時代は、 エネルギーの無駄をなくすこと。 エネルギーを上手に使っていくこと。 エネルギーを作っていくこと。 これらが重要になってくるのは もはや異論の余地はないかと思います。 その最先端を見る機会が出来たことは 非常に勉強になりました。 そして、それを勉強している人たちと同じ時を過ごすことが 私自身にとって、とても刺激になるのです! 今後も勉強を怠ることなく、 勉強の成果を発揮できるような住まいを提案していければと思います。 矢川原かわら版