NZ旅行記~クライストチャーチ編~

皆様こんにちは。 先日登山に行って、足を痛めたことで 運動不足を痛感させられた田中です。 そこで、スポーツジムに通うことにしました! さてさて、ちゃんと活用して運動不足の解消となるのでしょうか? なんとなく、いやな予感がいたしますが、 それに負けずに頑張って通いたいと思います。 さて、今日のタイトルは、やっと来ました。 NZ旅行記~クライストチャーチ編~です。 正月の旅行の紹介に一体何ヶ月掛けるのかと 我ながら呆れるばかりですが、それはさておき、これが最後の都市となります。 テカポで、NZでの最後の宿泊を終え、クライストチャーチを目指しました。 朝食は、先日の内に、購入しておいたマフィンとりんご、ヨーグルトに コーヒーと牛乳です。 IMGP0216.jpg ホテルではないので、全部自分で用意します。 今回は、一人でしたが、部屋で借りることが出来るので、 こういったアパートメントを友達と借りて、旅の拠点としてみるのも楽しいかもしれませんね。 朝食後に、一路車で、クライストチャーチを目指すこととしましたが、 あまり早く着き過ぎても、やることが無く暇なので、 ちょっと宿のオーナーと話をしたら、 クライストチャーチを目指すルートを少し変えると、 樹齢1000年を超える木々を30分も歩けば見ることが 出来る場所があるとのことで、急遽そちらを目指すこととしました。 入り口が分からず結構うろうろしましたが、 やっと見つけた入り口がこちらです。 IMG_1524.jpg ビッグ・ツリー・ウォーク そのまんまですね(笑)。 歩くこと少々、その木に到着しました。 IMG_1544.jpg IMG_1552.jpg 樹齢千年を超える木を見たのは、屋久島に行って以来でしたが、 やはり迫力があります。根っこもなんか凄いです。 生命の力強さを感じました。 ましてこれが、車道から15分のところにあるのです。 NZと言う国が、どれだけ自然に溢れているかを再確認させられました。 その後も車を走らせ続け、やっとクライストチャーチに到着しました。 予想よりも随分遅れてしまいましたけどね。 都市から少し離れた空港の駐車場にレンタカーを返却し、 バスで、都市部に向かいます。 市内でも、車をとめることが出来るのですが、 お金が掛かるのと、夕食にお酒を飲めなくなってしまうので、 この方法を選択しました(笑)。 クライストチャーチは、とてもよく整備された素敵な街でした。 その名は、オックスフォード大学クライストチャーチ校出身者が 中心になって街づくりが勧められたことが、由来となっています。 イギリスからの初期の移住者たちの街づくりの理想が色濃く繁栄されていることから、 「イギリス以外でもっともイギリスらしい街」として言われているそうです。 京都のように、碁盤の目に道路の入ったよく整備されている都市で、 その中心にあるのが、大聖堂広場です。 とても趣のある大聖堂でしたよ。 IMG_1620.jpg 展望台となっている鐘楼にも登りたかったのですが、 時間が遅くなったことで、見れなくなってしまいました(泣)。 内部は、このような感じです。 IMG_1586.jpg IMGP0227 縦 雰囲気は、すごく良かったです。 つい、ベンチに座って、ぼ~としてしまいます。 教会と言う場所は、キリスト教徒ではない私でも圧倒される雰囲気を 持っているように思います。 信仰のある人間にとっては、それは本当に大切な場所になり得るものなのでしょうね。 街には、トラムと言う路面電車が走っています。 私は、乗りませんでしたが、 幾つかのデザインの電車があり、かわいらしい雰囲気でした。 IMG_1641.jpg IMGP0245 縦 こちらは、「追憶の橋」です。 IMG_1702.jpg 第一次世界大戦において、兵士を見送ったと言われる場所で、 現在の橋は、戦場で命を落とした兵士を追悼するものとして、建てられた物だそうです。 クライストチャーチは、小さな街なので、歩いても十分見て行く事が出来ます。 綺麗に整備されているので、歩きやすいですし、 イギリス様式の建物を見て歩くのは、楽しいものですね。 夕食には魚や貝類を頂きました。当然ワインも飲みました(笑) IMGP0275 縦 IMGP0285 縦 NZでの最後の晩餐を楽しみ、ちょっと酔いましたが、 夜道を散歩して、飛行機までの時間をつぶします。 そこで出会ったライトアップされた大聖堂は、本~当に美しかった! 荘厳な雰囲気がより強く醸し出されていますね。 IMG_1709.jpg この後、カジノに行ってちょっと時間をつぶすも、 どうにもギャンブルが性に会わない私は、ゲームに参加することもなく、 空港に戻り、レンタカーの中で仮眠をとって飛行機を待つつもりでした。 しかし! 返却するレンタカーは、ガソリンを満タンにして返さなければならないのに、 ガソリンを入れるのを忘れてしまっているではありませんか! この時、時間は午前一時! 駐車場の警備員の方に、24時間営業のガソリンスタンドの場所を聞きたくても 英語がまったく分からない! かといって諦めるわけにはいかないので、何とか身振り手振りを交えて、 場所の確認をしてから、ガソリンが満タンになった時は、ホッとしましたね! 酔いなんか完全に吹っ飛んでしまいました(笑)。 最後の最後でやらかしている所は、 自分らしいと言えば、それまでですが、本当に疲れました。 まあ無事すめば、良い思い出ですけどね(笑)。 毎年の恒例行事の一人旅ですが、 海外に行くのは、10年ぶりとあってかなり緊張しました。 ですが、天候にも恵まれて、素晴らしい景色に出会うことが出来て 本当に行って良かったと思います。 英語は、旅行に行くと、勉強しなきゃと思うものの、 約半年経過した現在、何もしてません! これでは、いけません! 人間後悔しないのがベストですが、それは中々出来ないと思います。。 ただ、同じ後悔を繰り返すのは、まずいですよね。 少しづつでも良いから、成長を続けたいものです。 既に、来年の旅行に思いを馳せていますが、遊びばかりでなく、 日々の仕事でも自分を成長させていきたいものですね。 仕事同様、大好きな旅のご報告は、 ブログでこれからも紹介していきたいと思います。 これからも、よろしくお願いします。 矢川原かわら版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です