光と風の住まいの着工です。

皆様こんばんは。 川越市大袋にて、光と風を取り込むことをテーマとした I様の住まいが着工いたしました。 IMGP2197.jpg こちらの現場は、北東の2方向道路となっておりますが、 南側の建物が間口一杯に建設されているため、 光をどう取り込むかがプランニングの重要なポイントになりました。 そこで、4.5帖大の吹抜けを作ることで、 光を建物の奥まで取り込む形を取っています。 吹抜けのあるリビングの隣には、 40㎝の高さのある畳コーナーが配置されています。 この畳コーナーには、一枚板を使った堀コタツを造作する計画となっていて、 仕上がりがとても楽しみな空間です! こちらの現場は、お施主様より見学会の開催も ご承知いただいております。 その際には、改めて告知させていただきますので、 ご興味を抱いていただいた方は、ぜひとも見にいらして下さいね。 現場の様子は、ブログでもご紹介させていただきますので、 たまに覗いてみてください。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 矢川原かわら版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です