地元川越にて建替えです!

こんばんは。 つい先日、地元である川越市山田の方と 建替えのご契約をすることができました。 契約がうれしいのは、いつものことですが、 今回は地元とあってなおさらです。 しかも特にうれしかったのは、 数年前にうちが、近所で工事をしていた時に、 その仕事振りを見ていて、 今回の計画に当たり、 お声を掛けていただいたことです。 ご近所で、仕事をいただけるというのは、 本当に光栄なことだと思います。 その信頼に応えるべく、 今後も誠心誠意対応をさせていただき、 ご満足いただける住まいを建てたいと思います。 今回のお宅は、 年配のご夫婦の二人の住まいとあって、 広さは20坪前半の比較的小さい家となっています。 ただ、こちらのお宅は、 1階にはLDKと寝室、そして水周りを配置し、 自分達の生活は全て1階で済ますことが 出来るように設計してあります。 そして、2階には、和室を一間設けてありますが、 この部屋は、お子様が孫を連れて遊びに来たときためです。 これは、お二人で住むには、 理想的なかたちではないでしょうか? もちろんバリアフリーには、当然配慮してあります。 段差は無くし、扉は玄関を含め、全て引戸にしてます。 収納についても、現在の家具の寸法を採寸し、 それに合わせて、棚などを作るようにしてあります。 せっかくの注文住宅ですので、 この辺の手間は、大切にしていきます。 引き続き使用する家具は、採寸しておくことで、 後の使いやすさが大きく変わってしまいます。 家具を設置してみたら、 「コンセントが全く見えなくなってしまい、使えなくなってしまった!」 などと言うのは、よく聞く話です。 皆様も、建替えやリフォームをお考えなら、 充分注意してみて下さい。 コンセントの高さだけでも 使いやすさは、随分変わってしまいますよ。 普段は、庭で洗濯物を干すと言う こちらのお宅にも、2階にベランダを計画することになりました。 これは、お子様が孫を連れて、泊まりにきた時に 布団を干すことが出来るからです。 住まいの使い方は、人それぞれ様々です。 立地条件によっても、異なります。 今、自分が生活の何に対して、不便に感じ、 どのようにしたいのかを考えてみると、 その人にとっての使いやすさが見えてくるのではないでしょうか? 家は、広ければ良いというものでは無いと思います。 家に自分を当てはめるのではなく、 自分の生活にあった住まいを作ることが出来れば、 広くなくても大丈夫です。 その分、内部の仕上や設備に凝ってみてはどうでしょうか? その取捨選択が、自分の判断で出来るのが、 建売とは違った注文住宅の良さだと思います。 プランニングには、じっくり時間を掛けて下さい。 自分と家族の住まいの理想を形には、やはり時間が掛かります。 その過程を楽しんでいただければと思います。 私の仕事は、そのお手伝いであり、 あくまで、中心はお客様です。 満足のできる住まいを提供し、 最後にお客様が笑顔で、 「矢川原に頼んで良かった」と言ってもらえるように 頑張って行きたいと思います。 矢川原かわら版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です