Nさま邸_【夏涼しく冬暖かい…それぞれの居場所を大切にした家】

住まいの中心に位置する坪庭は、
玄関とダイニングの両方から楽しめる場所にあります。
食事は家族が同じ時を過ごす大切な時間です。
そして、奥さまが多くの時間を過ごす場所でもあります。
庭の緑に季節の移ろいを感じ、
穏やかな時間を過ごしていただきたいと願っています。

お施主さま:Nさま邸
施工場所:川島町角泉
間取り:5LDK+吹抜+坪庭
家族構成:ご夫婦
竣工 :2019年8月



~家づくりのエピソード~

昨年川島町で行った、大規模リフォーム現場の見学会にご来場いただいたのがご縁。「冬寒いのを何とかしたい」というのが住まいづくりを考えるきっかけだったそうです。
ご主人が仕事をリタイヤされてから、ご夫婦二人がそれぞれの時間を大切にしながら過ごされているなというのが、第一印象でした。そこで新しい住まいでは、ご主人、奥さま、それぞれが落ち着いて過ごせる居心地の良い居場所をいくつも作っています。
最初のプレゼンから一部変更はあったものの、ほとんどそのままの設計となり、「自分たちの住まいを考えてくれたんだ」という言葉を聞けたことが、本当にうれしかったことをよく覚えています。

「夏涼しく冬暖かい家」という当初のご希望に加え、これからの夫婦二人の暮らしを快適にする工夫がいっぱいの、体にも心にも優しい、素敵な住まいが完成しました。

~こだわりポイント~

「平屋で良い」というご主人と、同居の可能性を捨てきれない奥さま。そこで生活は1階で完結するプランとし、2階部分はお子さん家族が遊びに来た時への備えとして位置付けています。元気なうちは2階に上がってもらって、山並みに沈む夕日を眺める場所も作ってみました!
ご夫婦の寝室の上部に2階を持ってこなかったのは、同居の際に騒音問題が出ないように配慮したためです。
玄関の目の前の坪庭は、特にこだわったポイントの一つ。奥さまが長い時間を過ごされるキッチン・ダイニングからも眺められるようになっているので、家事の合間にも緑を楽しんでいただければと思っています。

 

将来の同居の備えとして2階建てになりましたが、
生活は全て1階で完結し平屋のような暮らし方を実現。
寝室の上には2階を乗せず、同居の際の騒音問題にも配慮しています。

玄関の正面には坪庭。
四季折々の風情を楽しめます。
この坪庭は、ダイニング側からも見れる配置になっていますが、
こちらからは地窓なので目線が被ることはありません。

ダイニング側から見る坪庭。
緑を眺めながら食事をすることが出来るのは心地よいですね!
ここで日記をつける習慣のある奥さまのための配置でもあります。

夜はライトアップして。
また違った雰囲気を楽しむこともできますね。

和室と一体になった広々としたLDKは、
吹抜の窓からの光でとても明るい!
でも軒が深いので夏の強い陽射しは差し込みません。

リビングのテレビボードの中に配備した床下エアコン。
暖かい空気が基礎断熱を施した床下をめぐり、
お部屋をほんのり優しく温めてくれます。

建替え前の住まいから引き継いだ床の間や仏壇の戸により
趣を増した和室。
床の間の奥には床下エアコンのガラリを設置。
その段差を活用して間接照明をつけ、
床の間を素敵に演出しています。

1階の寝室は、ご夫婦それぞれ気兼ねなく過ごせる別室で。
ご主人の寝室はベッド使いもできる畳コーナー。
出窓のカウンターも便利に使えます。

寝室のそばには木の香りあふれる広々とした1坪のトイレ。
将来を考えたバリアフリー仕様です。
手洗いの下には、床下エアコンの換気ガラリが隠れているので、
冬場の寒い思いからも解放されます。

階段を上がると視界が開けて
土手を一望できるようにしたホールが。
狙い通りの見晴らしの良さに、奥さまから
「ベンチを作ってもらえませんか?」と言われたときは
社長は心の中でガッツポーズだったとか(笑)

吹抜けに面した2階の1室は、奥さまの趣味のスペース。
もう一部屋は子や孫たちが泊まりに来ても大丈夫な個室を用意しました。
将来、もし同居になったときには、子世帯の個室にできるよう備えています。

 

~担当者からのメッセージ~

N様との出会いは、同じ町内の断熱リフォームを行った現場見学会でした。
工事中の現場見学会とその後の完成見学会にもご来場いただき、打合せがスタートしました。
具体的なご要望はそれほど多くなかったですが、住まい方をお聞きする中で、ご提案したプランを気に入っていただき、若干の変更はあったものの、ほぼそのままご契約となりました。
お引渡しの時に「こんな家が出来るとは思わなかった!」という言葉をいただき、期待を上回ることが出来たのだと、本当にうれしかったです!
日々の生活の中に、「ホッ」と一息つけるような居場所を用意したつもりでいます。これからのお二人の生活が穏やかで、快適なものになるよう祈っています。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

▼お引渡しインタビュー▼

>>施工例・新築TOP

Top