Yさま邸_【小江戸の街並みと調和する重厚感ある佇まいの和風住宅】

015

川越市の伝統的建造物群保存地区内ということで、
町屋をイメージした外観をご提案。
板塀や2階窓の格子もその一つです。

お施主さま: Yさま邸
施工場所: 川越市幸町
間取り: 4LDK
家族構成: ご夫婦 息子さま



~家づくりのエピソード~

38年前に弊社にて新築工事を行わせていただいたYさま。建築後に目の前に3階建てのマンションが建設され、せっかくの住まいが暗くなってしまったのが長年の悩みでした。
再建築の際の依頼先は、全く悩むことなく弊社をご指名いただいた大変光栄な現場です。いかに光を取り込むかという点と、川越市の伝統的建造物群保存地区内ということで、その外観に規制がかかるという2点の両立に配慮した現場でした。

 

005 (3)杉の腰板や天井がアクセントとなった玄関。
壁上部のガラスは、吹抜けからの光を玄関まで取り込むための工夫です。

033 (3)吹抜けの上部にはガラス屋根を設置。
この部分には、冬至の際にも太陽が当たることをCADを用いて確認し、
Yさまにご提案させていただきました。

045 (2)バリアフリーに配慮し、広めのトイレとしました。
玄関と同様に杉の腰板を施工し、高級感と清潔感を出しています。
車いすを使用しても、壁が傷みにくい効果があります。

057 (2)1階の屋根裏を2階の部屋より使用しています。
階段も必要がなく、出し入れがしやすいのが魅力です。
空間はできるだけ有効に利用いたします。

014(3)

吹抜けを設けることで、明るさと開放感を確保。
壁を白を基調としたのも、光を反射させて、
少しでも空間を明るくする工夫の一つです。

~担当者からのメッセージ~
先代から引き続き、ご指名本当にありがとうございます。
「何より暗いのが悩みだから、明るい住まいにしたい!」という強いご要望に対し、喜んでいただけている姿を拝見して、私どもも嬉しかったです。これまで同様、今後とも長いお付き合いをよろしくお願い申し上げます。

 

 

>>施工例・新築TOP

Top