Sさま邸_【和室リノベーション!2間続きの普通の和室が和モダンなゲストルームに】

2間続きの和室が間仕切りを全て撤去し、和モダンなゲストルームに生まれ変わりました。
泊りに対応できるように畳を残しつつ、他は足触りの気持ち良い無垢床へ変更。
テーブルからは庭を眺めながら食事を楽しめる空間となっています。

お施主さま:Sさま邸
施工場所: 川越市
家族構成: ご夫婦   計2人



~家づくりのエピソード~

最初のご提案を気に入っていただき、見積もり提出後すぐご依頼いただきました。
現場が始まってからは、監督の野島や大工を交え、基本プランからどんどんアレンジされていくので、いつもと違う意味で、現場に行くのか楽しみでした(笑)特にステンドグラスは、オークション落札後に、何とか棚の中に組み込めないかと相談され、どうやったものかと頭を悩ませましたね(;^_^A
でも、工事後にも新しく生まれ変わった空間で、楽しそうに過ごす姿や新しく加えた雑貨などの写真を送ってくださるのを拝見して「暮らしを楽しむ」ってこういうことなんだな~と教えてもらった気がします。

~こだわりポイント~

2間続きの和室と広縁を大きな一室空間とすることで、2ヶ所あった入口は一つとして、もう一つは飾り棚としました。
また、庭との一体感を出すために間仕切りを全て撤去し、内障子は全て引き込めるようにしたのが、特に配慮した点になります。
内装については、家具や調度品にいかに空間を調和させるかを考え、空間自体は素材感を大事にして、主張を抑え家具を活かすように意識しています。レトロな古箪笥やカラフルな照明器具、そしてステンドグラスなどが大正ロマンのような空間を作り出してくれています。
お客様のセンスに脱帽!といった感じの現場です(笑)

―Before 

よくある二間続きの和室+広縁のスペース

―Process

まず、間仕切りを撤去し大きな一室とします。

大工さんが一枚一枚床を張っていきます。
今回はナラの無垢板18㎜(普通は15㎜)を貼っています。

間仕切りがなくなったことで、
庭の緑が良く見えるようになりました。

―After 

部屋への入り口は、格子戸にして和のテイストに。
お客様の用意したステンドグラスが素敵です。

部屋の奥4畳半だけ畳を残し、あとは板の間へ。

縁なし畳でスッキリと落ち着いた畳コーナーになりました。

ゲストルームということで、
お客様が来た時に使いやすい大きめのテーブルと椅子。
庭を眺める特等席です。
写真左が急遽取り付けることになったステンドグラス。
玄関の良いアクセントにもなっています。

こんな素敵なお庭を眺めながら寛げるなんて羨ましい限り

愛犬カノンちゃんも大満足♡

 

床はナラの無垢板。
ハンドスクレイプという加工がされていて手加工のような波があります。
とっても足触りの良い床板です。

 

  
  

ご夫婦で集めた素敵な照明や雑貨が
お部屋をおしゃれに演出しています。

▼お客さまの声▼

このたび、(株)矢川原との出逢いにより、自宅和室をお客様を呼べるゲストルームに改装する私達夫婦の夢が実現しました。色々なご提案をして下さった田中社長様、野島さん、暑い中一生懸命に丁寧なお仕事をされた職人の皆様方に心より感謝します。
新たな部屋では、木や藺草(いぐさ)の香り、障子や珪藻土に写る光を愉しむ至福の時間が生まれました。
家内曰く自身の性格が穏やかになったとのこと!! その様な有難い効果、効能が長く続くことを願いつつ、大切に使わせて頂きます。(Sさま)

 

~担当者からのメッセージ~

Sさま。この度はありがとうございました!
和室2間をリフォームするにあたり、ゲストルームでの利用やご家族が泊まることが出来る場所をご希望されていましたね。
そこで2間続きの和室と広縁の間仕切りを全て撤去し、大きな1室とすること。
4.5畳の畳コーナーを設け、建具には障子を使うことで、和モダンな空間をご提案させていただきました。工事中も「家に帰るのが楽しみで仕方ない」といった言葉やお孫さんが遊びに来た時に「いい匂いがする」と言っていたよ!と嬉しそうに話をしてくださる様子が、私にとって何よりのご褒美でした。
ご自身で用意したステンドグラスや照明器具、そしてアンティークな箪笥などで空間をセンス良く仕上げていって下さるので、私もS様のお宅に伺うのが楽しくて仕方ありませんでした。またこの先も少しづつ姿を変えていくことと思いますので、また次回遊びに行くのを楽しみにしています(笑)
本当にお世話になりました。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
(担当:田中尚・野島健司)

▼お引渡しインタビュー▼

 >>施工例・リフォームTOP

Top