カフェのように素敵な『無垢の木と漆喰で造る平屋』

先週末の完成見学会、
ご来場いただきましたお客様、ありがとうございました。

私は自宅が間仕切りの工事中のため、
今回は土曜日の午後のみ出勤。

午後は、13時半~友達が来場。
『薪ストーブ』が気になっていたとのことで、
残念ながら、M様邸にはストーブはないのですが、
いろいろと感心しながら、見てくれていました。

15時~の予約のお客様はお父様が大工さん、
娘夫婦が建築士と建築に携わるお仕事をされているとのことで、
なかなかお役にたてないなぁーと思いましたが、
専門家である息子さんには、
「いいなぁー」「かっこいいね」
と大絶賛して頂き、大工のお父様も
「非の打ちどころがない」「お金貯めてやってもらったら」
などと言って下さいました。
これ以上ないお褒めの言葉、本当に嬉しいです。

完成見学会後は、お施主様にインタビューにご協力頂きましたが、
(詳しくは、後程お引渡しインタビューで掲載します)
その中の一部、今日のブログのタイトルにさせて頂きました!!

ご近所の方からは、
「カフェができたのかと思った」
と言われたそうで。
確かに、新興住宅街の中でも、
平屋で木をふんだんに使った建物は、
目立っていて、普通の家には見えなかったのかなーと思います。
でも、カフェに間違えられるなんて、
かっこいい!!ってことですよね(*^^*)

せっかく、一生に一度の家を建てるなら妥協せず、
本当に満足できる、家を一緒に造りましょう!!

まずは、矢川原の家を見て、
その家を造るために関わる私達と、
ほんのひと時、同じ時間を過ごしに来て下さい。

川島でまた新築工事が始まります。
その他、まちゼミへの参加の予定もあります。
ぜひ、次の機会にご来場頂きますよう、お待ちしています。

誕生日!!

昨日関東も梅雨入りしたようですが、今朝は青空。

通常なら大抵6月頭ぐらいに実家に集まり、
毎年恒例の誕生日パーティーをやっているのですが、
やはり何となく大人数で集まるのにはまだ抵抗がありますね( ;∀;)


今日は私の祖母の誕生日、99歳白寿!!
まだまだ元気ですごいなぁーと思います。
お祝いにみんなで、ばあちゃんの似顔絵とメッセージを送りました。
写真とはまた違った良さがあり、特徴を捉え似ている部分と、
なんかちょっと違くない!?という部分と(笑)
そういった会話も楽しいかも。
喜んでくれたら嬉しいです(*^▽^*)

そして、つい2日前6/10は長男の誕生日。
19歳になり、今年から大学生になった息子、
自分の子どもがそんな年齢になり、大学生ということが不思議で。

コロナの影響で、高校の卒業式も大学の入学式もまともになくて、
まだ一度も大学に行けていない。
本当にかわいそうだな、と思います。

大学と言ったら、入学式早々からサークルの勧誘があったりして、
今が一番楽しい時ですよね。
もちろん勉強も大事ですが、この4年間でする経験の方が、
勉強以上に価値があると、私は感じています。

現時点では多くの大学で、今学期はオンライン授業になってしまっていますが、
それでは勉強以外の部分の、経験ができない。
とにかく早くコロナが終息し、
大学に通えるように願うばかりです。

リモート誕生日会2連発!!


ハートクラブの仲間との、
サプライズ誕生日会(*^^*)

息子の保育園時代からのママ友、
ママ友を通りこして、
何かあるといつも頼ってしまうYさん。
「おめでとう!!いつもありがとう!!」

23日13時~グループラインを利用しての誕生日会。
みんな各自おうちにいるのに、顔を見て話せる、って不思議。
久しぶりに会えて、みんなの元気そうな顔が見れて、
テンション上がりました⤴︎

9月に延期になった仲戸川さんの新栄養失調の講演会の打ち合わせもでき、
本当に便利ですね。
コロナの状況によっては、zoomなどを利用し、より多くの人に情報を発信できるようにするのもいいね、という話も出て、これからいろいろと相談しながら、決めていきたいと思います。

そして、誕生日会第2弾❣️
昨日は可愛い双子の甥っ子達の誕生日。

普段なら実家で集まって、5.6月組(姪っ子・甥っ子・我が家の長男・今年99歳になるばあちゃん ・義妹)の誕生日会をするはずだったのですが、残念ながら今回はコロナで中止。

でも、それも寂しいなぁー(><)と思い、リモート誕生日をしました。
特別なことはしていませんが、2人の顔を見てみんなで「おめでとう🎉」って声をかけられるだけで、なんだか楽しくなります。

ライン特有なのか、ビデオ通話をしながら、画面下の顔のマークを選択すると、スノーというアプリのように、画面のみんなの顔に可愛いい動物のキャラクターが反映されたり、たとえば飛行機の機内にいるような背景になったり、甥っ子達とワイワイ言いながら、とても楽しい時間が過ごせました♩

今日埼玉も『緊急事態宣言解除』となったようですが、
皆が一斉に気を緩め、普段通りの生活を始めたら、また秋から冬にかけてコロナが流行りだすのではないかと私は思います。
だからもう少しの間、こういったことも利用しつつ、気をつけながら生活していきたいと思います。
当たり前の日常までもう一歩。
楽しみを見つけながら頑張りましょう。

畑仕事に夢中♡

先週末は、朝から畑へGO!!

土曜日朝一、あぐれっしゅ(JAの直売所)にて苗を買い、
午前中、雨の降らない内に苗を植えようと大忙し。

前回土作りをしてから2週間、その間に考えることは山積でした(笑)

育てたい野菜の種や苗を、
とにかく買ってきてただ植えればいいわけではないんですね。
思っていたより野菜作りは奥が深くてびっくり(◎_◎;)


野菜にはそれぞれ輪作年限があり(上記参照)
『連作障害が出ないように、輪作年限の間は同じ科の野菜を同じ場所に植え付けないようする』とのこと。
その為、どの野菜を畑のどこに植えるか栽培プランを考えるだけで一苦労。
 
そして、苗を植える段階になり、今度はそれぞれの野菜に適した高畝(たかうね)を立てて定植するために、畑の準備をするのがまたも一苦労。
野菜により畝間も株間も違うので、畑の教科書片手に、
本当奥が深くて難しいんだなぁーと思いました。

でも苦労した分だけきっと、ちゃんと収穫できた時の喜びは大きいはず、
娘たちは、採れたてきゅうりを冷やして丸かじりしたいそうなので、
その為にも、四苦八苦しながらも頑張ます!!

最近の日々

   

ブログが大分ご無沙汰してしまいました。今年のGWは、外出自粛を守り、ほぼ家にいましたが、唯一したのは、実家の庭を借りての、妹家族とのバーベキュー。

天気も良く、我が家の庭とは違い、前が田んぼで開けているし、庭木もあり、なかなかの開放感でした。

ただ残念なのは、父母は感染リスクもあるし、参加しなかったので、場所だけお借りしてちょっと申し訳ないし、みんな揃わないのは寂しい…。とにかく早くこの状況が改善されることを願うばかりです。

GWが終わり、仕事の方は支払い日や、コロナ関係の補助金などの手続き等で、忙しくバタバタとしていました。矢川原は今のところ、それ程コロナによる影響は少ないように感じていますが、今後のことを考えると、持続化給付金や日本政策金融公庫の特別貸付など利用可能な制度は確実に利用し、備えたいと思います。

1人10万円の給付も、手続きしなくちゃ(笑)まだお金も受け取ってないのに、とりあえず急ぎ必要な物を購入。まずは、買い置き対策の冷凍庫とテレワーク用にデスクを購入しましたが、後はパソコンの買い替えを検討中。先日小学生からZOOMを利用しての授業を検討中とのメールが来たので、もしコロナの収束がこれ以上かかるようなら、本当にオンライン授業になるかもしれません。

まだまだ、落ち着かない日々ですが、仕事も私生活も、常に上を向いて、楽しみながら頑張っていきたいと思います。

初めての野菜作り

本のタイトルみたいですね(笑)

でもこの家に越してきてすぐ、庭の1坪の畑でプチトマトやナスを育てたことはありましたが、長く続かず…だったので、ほぼ初めて。

それも、今回は『有機栽培で野菜を育てたい』という目標があるので、とにかく有機栽培について知るところからスタートしました。

有機栽培とは、農薬や除草剤、化学肥料などを使わずに農作物をつくる栽培法。

大切なのは土づくり
ふかふかとやわらかく、小動物や微生物が多く生息する土にすることが、有機栽培の成功の第一歩。良い土ができれば、病害虫に負けないおいしい野菜を収穫できるそうです。

ということで、土づくりからスタート。

実家の隣に畑を借りて、1週間ほど前に畑を耕しに。小石を拾い、草むしりをして、クワで畑を耕し、弟宅の薪ストーブの灰をもらってまきました。

重いクワで畑を耕す作業は思っていた以上にハード
でも汗だくになりながらの作業、楽しかった〜。ちなみに、次の日には変なことろが筋肉痛でした。

明日は堆肥をまきに。また2週間ほどおかなければならないようです。

本当は娘が6年生で、何かと忙しい時期。もう少し落ち着いたら始めようと思っていた畑。でもこんな状況で、いつ収束するかわならないコロナをただ怖がって家にこもるのは、気持ちばかり落ちていく。

息子からは長く続かないから、と言われましたが、やりたいことを先の伸ばしにするのは私らしくない。とにかくやってみる

畑で土いじり。太陽いっぱい浴びながら、汗だくになりながら。
こんな時だからこそ、楽しく上を向いて過ごしたいです^_^

 

初テレワーク

テレワークとは?
最近よく耳にしますね。
調べてみると、

情報通信機器等を活用し、時間や場所の制限を受けずに、
柔軟に働くことができる形態のことを指します。
「tele=離れた場所」、「work=働く」
という意味の単語を合わせた造語であり、遠隔勤務、
転じて在宅勤務などの意味があります。

埼玉県も4/10緊急事態措置(第2弾)が発表され、
山田地区でも新型コロナウィルス感染者がでたという話もあり、
いよいよ身近に迫り、今まで以上に気をつけなければ、
と感じています。

それに伴い矢川原でも、3密を避けるべく、在宅でできる仕事を持ち帰り、
普段デスクを並べて仕事をしている吉田と、
なるべく午前・午後で事務所勤務を振り分けてやろうという話しになりました。

何日か前のことですが、
主人も同じように会社で指導されているらしく、
ダイニングテーブルでパソコンを開き、
電話で取引業者と打ち合わせしていたのですが、
さすがに物音立てらない状況は、気を使ってしまって疲れる。
リビングなのにー😩
でも我が家には書斎がなく、書斎どころかデスクもない💦
困った末、同居中の母が使っている小さめのダイニングテーブルを2階まで運び、
しばらくの間寝室に設置しました。
こんな時、小さくても書斎があったらなぁーと思いました。

どうにか在宅の環境を整え、
昨日は初めてのテレワークをしてみて。
電話も来客もないので、思ったより仕事はかどる(笑)
ただその分留守番している吉田の方は大変だったかも…。

在宅勤務でよかったことは!?
家なので、マスクを付けずにいられること。
やっぱりマスクは圧迫感あるし、
肌が弱い私は市販のマスクをしていると肌荒れてしまうので😢

いつまで続くかわからないこの状況、
コロナに負けずに、とにかく前を向いて、
できることから頑張っていきます!!

ストレス解消、体力・免疫力を保ちましょう!!

昨日は高校生の息子の登校日。
親バカと言われようと、
電車通学はできるだけさせたくない。
確かに少し神経質になり過ぎている気もしますが、
主人は基礎疾患もち、高齢の母が同居中、
両親も基礎疾患ありとなると、
どうしても神経質になってしまいます
そのため、少しでもリスクは減らしたいと思い、
息子の学校まで送迎ドライブ。

割とのどかなところにある高校。
往復するのも微妙なので、終わるまでの間の2.3時間、
天気も良いし、息子から借りた漫画本を読みながら、
ぽかぽか車内で読書。
そんな状況ですが、見える風景がいつもと違うだけでも、
なんとなくお出掛け気分は味わえます。
家にこもっているとストレスが溜まるので、
ある意味ゆったりした時間を過ごせました(*^^*)

一旦自宅に帰った後、土手にも散歩に行きました。
風が思いのほか強く、肌寒いぐらいでしたが、
娘はブレイブボードで坂道を行ったり来たり、
娘も外で体を動かすことで、
ストレス解消にはなった気がします。

外出自粛とは言っても、
あまり人と合わない場所で、
息抜きぐらいは必要です。
運動不足や紫外線に当たらないことによるビタミンDの不足などにより、
抵抗力が弱くなることが懸念されています。
庭やベランダで日光浴をしながら、ラジオ体操するなど、
体力・免疫力を保ちましょう!!

こんな時期に雪‼


外は雪景色。
もう3月末だというのに・・・。
季節外れの雪で、5年前の娘の入学式を思い出しました。

この土日で出されていた外出自粛、
そうは言っても、桜の開花もあり、
中には花見に行ってしまう方もいるのでは!?
と懸念していたところのこの雪。
偶然とは思えない。
出掛けるのは辞めるように、何かの力が働いた。
私はそんな気がする。

そんなことを話しながら、
我が家は何をしていたかというと、
私は朝からパンを焼いたり、主人はDVDを見たり、
でもなんか暇だねーと、
娘と近所の仲良し親子と、
『人生ゲーム』で大盛り上がり!!
こんなことでもなければ、
大人も交じってやることなんか、なかなかないかも(笑)

自粛自粛のストレスも、
楽しいことに変えて、
なんとかこの状況を乗り越えるしかないです。
コロナの終息にはまだ時間がかかるとのこと、
自分なりのストレス発散法探してみましょう。

読んで聞かせたい話。


買い物は投票なんだ 藤原ひろのぶ

タイトルだけを見ると、不思議???
何の事だろう、と思いますよね。

この本の表紙にあるアースおじさん(地球)が、
最近悩んでいることを(なんだか熱っぽい=地球温暖化 など)
私達が解決する方法、
身近にもできることがあるってことを気づかせてくれる本。

子どもにもわかりやすい絵本なので、
子どもに読み聞かせながら、
親子で読んでほしいと思います。

私も小学校5年生の娘に見せたところ、
一番印象に残ったのは、右の写真のページ。
内容は、下記記載。

<お肉の話>
みんなが好んで牛肉を食べるから、
沢山の牛を育てるために、
山や森を切り開き、環境が破壊され、
牛のエサに大量の穀物が消費され、
その排泄物で、川や地下水がよごれてしまう。

地球上には約15臆頭の牛がいます。
毎日1700臆ℓの水を飲み、
600臆㎏の穀物を食べ、
人間の130倍の糞尿を出し、
牛のゲップに含まれるメタンガスは、
地球温暖化の原因の一つとされています。

牛のゲップの話が一番印象的だったのは、
まだまだ子供ですが(笑)
そんなふうに子ども達の中に一つでも残ったら、
すごいと思いませんか?
娘は友達にも見せたい!と言ってくれました。
なんだか嬉しいです(*^^*)

でも、本当はこの絵本を多くの大人にも読んでほしいと私は思います。
私達大人が子ども達の未来のために、
今動き出さなきゃいけないから。

偉そうなこと言ってる私自身もまだまだ全然です。
やっとエコバックを使うようになったり、
なるべく有機野菜を食べたり、
本当にまだまだですが、
みんなの少しずつが、
きっとアースおじさんの悩みを解決する!!

子ども達の未来が、
今のように平穏でありますように。
私も微力ながら、とにかく動こう!!と思っています。