カフェのように素敵な『無垢の木と漆喰で造る平屋』

先週末の完成見学会、
ご来場いただきましたお客様、ありがとうございました。

私は自宅が間仕切りの工事中のため、
今回は土曜日の午後のみ出勤。

午後は、13時半~友達が来場。
『薪ストーブ』が気になっていたとのことで、
残念ながら、M様邸にはストーブはないのですが、
いろいろと感心しながら、見てくれていました。

15時~の予約のお客様はお父様が大工さん、
娘夫婦が建築士と建築に携わるお仕事をされているとのことで、
なかなかお役にたてないなぁーと思いましたが、
専門家である息子さんには、
「いいなぁー」「かっこいいね」
と大絶賛して頂き、大工のお父様も
「非の打ちどころがない」「お金貯めてやってもらったら」
などと言って下さいました。
これ以上ないお褒めの言葉、本当に嬉しいです。

完成見学会後は、お施主様にインタビューにご協力頂きましたが、
(詳しくは、後程お引渡しインタビューで掲載します)
その中の一部、今日のブログのタイトルにさせて頂きました!!

ご近所の方からは、
「カフェができたのかと思った」
と言われたそうで。
確かに、新興住宅街の中でも、
平屋で木をふんだんに使った建物は、
目立っていて、普通の家には見えなかったのかなーと思います。
でも、カフェに間違えられるなんて、
かっこいい!!ってことですよね(*^^*)

せっかく、一生に一度の家を建てるなら妥協せず、
本当に満足できる、家を一緒に造りましょう!!

まずは、矢川原の家を見て、
その家を造るために関わる私達と、
ほんのひと時、同じ時間を過ごしに来て下さい。

川島でまた新築工事が始まります。
その他、まちゼミへの参加の予定もあります。
ぜひ、次の機会にご来場頂きますよう、お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA