間仕切り工事しました!!

いずれ間仕切ることを想定し、
扉だけを事前に作っておいた部屋。
来年は娘が中学生になるため、そろそろかなぁーと、
自分の部屋を作ってあげることにしました。


まずは大工さんが、間仕切り壁の枠組を作ります。


あっという間に間仕切り壁ができました。
事前に大工さんと相談し、
両側に一部べニアを入れてもらいました。
夫婦の寝室側のべニア下地部分には壁掛けTVを設置します。


次にばっちり養生をして、
クロス屋さんが壁紙を貼る作業中。

クロス工事が終われば完成!!


夫婦の寝室側、TVを壁かけにしました。
部屋の他の部分は、白い漆喰の横引きなのですが、
思い切ってアクセントに淡いブルー系の壁紙を選びました。

テーブルにパソコンも設置し、
いつでもテレワークに対応可能です。


こちらは、娘の部屋。
写真だとわかりにくいですが、淡いグリーン系の壁紙。
仕切ると4畳半の小さめの部屋なので、
ハイベットを購入し、ベット下にソファや電子ピアノを設置。
かなり広く使えています。
これから同じくべニアを入れた部分に、
飾り棚等を付けて、かわいい小物等を置く予定だそうで、
自分の部屋ができた娘は、テンションマックスです(*^^*)

壁で仕切っただけですが、全く雰囲気が変わりました。

家は住みながら変化させるもの
家族の年齢や、状況等をみながら住みやすいように手を加えていく。

私はたまたま娘の年齢的なことで、今回間仕切工事をしましたが、
今はWITHコロナ社会の「新しい生活様式」で自分と家族の命を守る、
コロナウィルスと向き合う家作りが必要だと言われています。

矢川原でも、川越まちゼミ「今はWebゼミ」に参加し、
『新型コロナ対応!これからの住まいづくり』の講座をやります。
受付期間は、8月10日までです。
ぜひ興味がある方は、矢川原ホームページのご案内からお申込み下さい。
お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA