まるで高級旅館の一室のようでした(*^^*)

暑い日が続きますね。
あっという間に盆休みが終わり、昨日から通常業務に戻りました。

普段新築現場以外に行くことは少ないのですが、
社長のブログを見て、気になっていたS様邸。
「私も見たい!!」と無理を言って、
盆前に社長に同行し、見学させて頂きました(*^^*)


玄関を入り左手、引戸を開けると、
まるで高級旅館のようなお部屋。

縦格子の引戸の建具に珪藻土の壁、
畳と畳部分の天井は杉板貼り。
今回一番の目的だったナラの床板。
あえて凹凸のあるナラの床板は、なんとも言えない足触りで、
本当に気持ちいい~(写真ではわかりずらいですね)

我が家のリビングはさくらの無垢を使っていますが、
より無垢の木、自然な感じが本当に素敵
いつか張替の時には、ぜひナラにしたいと思います。

そしてお客様が選んだ、大正・昭和時代の箪笥や照明により、
和のお部屋に大正ロマン風のスパイスが加わっています。
箪笥も照明も一つ一つ違うものなのに、
不思議と調和が取れていて、
お客様のセンスに脱帽です。

そして雪見障子を開けると見える庭。
やはり外の風景も重要ですね。
ここから外を眺めながら、
昨晩はご夫婦でお酒を飲まれたそうで、
こんな空間で、そんな時間を過ごす。
なんか楽しい会話が想像できます。

今回感じたこと。
もちろん長年住んでいるとあっちもこっちも手を入れたい、
設備も変えたい、外装もやらなきゃ、
本当はいっそ建替えてしまいたい。
どこからやる!?

でも、もちろん最低限メンテナンスするべきところはするとしても、
S様邸のように1部屋をとことんやる!!
やりたかったことを詰め込んだ一室は、
満足度も高く、これからの生活の中で、
日常に癒しを与え、生活に豊かさや潤いを生み出すような気がします。

家の中で過ごす時間が多くなり、
家での生活が重要視される時代。
どんなふうに過ごすか、考えてみたいと思います。

まるで高級旅館の一室のようでした(*^^*)” への2件のコメント

  1. おはようございます。先日はお来しいただき、また貴重なブログのページでご紹介いただきありがとうございます^ ^
    その後、お盆休みに2歳半の孫が泊まりに来ました。無垢の床に畳、珪藻土の壁。このような自然素材の部屋で過ごさせてあげることが願いでした。孫の健やかな笑顔と共に幸せな思いでいっぱいでした。
    昨日、玄関の孔雀のステンドグラス の下にまた一つアンティークのキャビネットを起きました。これで本当に完成致しました…笑笑(社長ご撮られた玄関の写真はまだ以前使用の物です!)。
    この部屋は、主人と私の想いが詰まっています…2人で30年やってきて一緒に居るのが当たり前で…でもまた新しく作り上げてくださったこの部屋は再出発になります。
    職人の方々…矢川原の皆さまに本当に感謝しております。最後になりましたがあらためて感謝のお礼を…本当に本当にありがとうございます😊

    • おはようございます。
      先日はお忙しいところ、お邪魔させて頂き、ありがとうございました。
      お孫さんとの楽しい時間をお過ごしになられたようで、お孫さんの元気な声・笑顔、それを囲む皆さんの幸せな時間。
      なんだか私まで幸せな気分になりました。
      玄関のステンドグラスもすごく素敵でしたが、そちらにアンティークのキャビネットが置かれたんですね。機会がありましたら、完成形もぜひ見たいです。
      以前他のお客様も、家を造ることによって、ご主人との会話が生まれた、とおっしゃってました。一つの目的、同じ方向に向かうことで変わることがある、私はそのように思います。
      これからあの部屋で、S様ご夫婦が穏やかで楽しい時をお過ごしになられることを、心から願っています。

                           矢川原 渡部 香

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA