ウレタンを金物に吹きました!

こんにちは。

先日、上棟したT様邸にて
外壁側の金物にウレタン(断熱材)を 
吹きました~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真のようにガンで吹き付けをし、
膨れてきてはみ出た部分を下の写真
のようにカットします。
ウレタンで金物が見えなくなるように
するのがポイントですね。
ちょっとした作業に見えますが、
重要なことなのです。

なぜ外壁側の金物にウレタンを吹くか
というと、金物は外からの熱を吸収してしまい、
吸収した熱を室内に伝えてしまいます。
そこでウレタンを吹くことによって、熱の
吸収を抑えるためです。

下地材を貼ってしまってからでは、ウレタンを
吹けなくなってしまうので、これもまた注意が
必要です。

今回、大工さんが下地材を貼り始めたころに
ウレタンを吹いていないことに気づき、何とか
取り返しはつきましたが、この作業の重要性に
気づかされ、反省をしました、、。

建築は大きな作業、小さな作業問わず
重要なことだらけですね。

また一つ、小さな作業から大きな学びが
ありました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA