ツバメの為に板を取り付けました。


こんにちは。

ツバメが巣を作りやすいように、板を取り
付けてほしいとのお問い合わせが
あったので、板の取り付けをしました!


 

 

 


毎年、ツバメが巣を作りにくるそう(^-^;
野島さんから充電ドライバーを借り、下地が
入っているところをよ~く確認して、
穴をあけ、ビスで留めました。

間違って下地が入っていないところに
穴をあけてしまうと、ビスが締まらないので、
穴が空いた状態に残ってしまいます。
なので、そこそこ緊張しました(^-^;

単純な作業ではありますが、問題なく終えられて
ホッとしました。
あとは、ツバメさんが巣を作ってくれることを
願うだけ。

換気フードの取り付け。【リベンジ】


こんにちは。

前回の現場で苦戦した、換気フードの取り付けを
しました。
スローペースで組み立てる部品を間違えたりと、
時間をかなり食ってしまったことを今でも
覚えています。
ちょっぴりプレッシャーを感じました(・_・;)                              






 




まずは寸法があっているかを確認。
今回は写真手前側が排気ダクトで、後ろ側が給気ダクトです。
そして、上方から給気を取ります。
これも、現場によって仕様が変わってくるで、もちろん
組み立て方も変わります。
組立てには要注意ですね。

組み立て終わるとこんな感じ。



 

 

 

なんとか、間違うことなく組み立ては終了
できました(・_・;)
ビスがとても締めにくかったですが。

ここから持ち上げてはめ込みます。
そこそこな重量がありまして、少しの衝撃で
傷やへこみが生じるので結構シビアです。









野島さんや大工さんと掛け声をし、 
無事、はめ込みを終えられました(・_・;
前回よりも良くできたのではないでしょうか。
大きな問題なく終えられてホッとしました(^^)

あとは面板を付ければOK。
今後も引き続き、がんばります。

初めての(ほぼ)一人監督。


こんにちは。

先日、雨漏れを直してほしいということで、
屋根工事のお問い合わせをいただき、
私自身初の(ほぼ)一人監督をやらさせて
いただきました。
 
足場を掛け、私と瓦屋さん、大工さんで
瓦を取って下地の改修に当たりました。












瓦の状態は悪くないのに、下地にはかなりの劣化が
見られました。
瓦屋さん曰く、瓦についたほこりが瓦の下に侵入し、
そのほこりが水を吸ってしまったのが原因だそう。
恐ろしいですね、、。

他にも、状態の悪いところを直しながら進めたりと、
改修工事は何があるか分かりません。

そして途中、予報にない雨が降ってきたので、
シートを被せて一時中断したり(・_・;)

そんな中、ここも劣化してるから直そうか、
などと相談しながら進め、何とか無事に終わりました!






 

 

 





下地が新しく葺き終わり、一安心。
又、工事前は瓦の上に乗ると、ガタガタしていて
割れてしまわないか不安でしたが、工事後は
瓦屋さんのおかげでガタつきがなくなりました。

瓦屋さん、大工さん、お疲れさまでした(__)

リノベーション現場の断熱材準備が始まりました。


こんにちは。

現在、リノベーション工事をしている現場で、
断熱材施工の下準備が始まりました。

 

 




今回、普段使っていない断熱材を使用するので、
施工方法もかなり変わってきます。

まず、写真一枚目のように、断熱材を乗せる
ための下地(縦方向の細い方)を入れます。
その次、写真2枚目のように気密を取るための
シートを貼ります。
(今はここまで進んでいます。)
そして、気密を取るためのシートから10cm
程度上にも不織布シートを貼り、
そのシート間に断熱材を吹き込みます。

シートは細かく切って貼っていくので、かなりの
手間がかかります(・_・;)
ですが私自身、使ったことも見たこともない
断熱材なので、どういう施工方法で
仕上がっていくのか楽しみです。

ちなみに、現段階で足を踏み外してシートを
踏んづけしまうと破けてしまうので、
気軽に歩けるよう、早く施工終わってほしいなぁ、
なんて思っています(;^_^A

T様邸、お引渡し。


こんにちは。

去年の8月頃から新築工事の立ち会いを
してきたT様邸のお引渡し日がやってきました。

 

 

 

 

 



私が入社して間もない頃から、打ち合わせに同席
させていただいてたので、かれこれ1年弱もの
お付き合いです。

入社して間もなく、仕事慣れをしていないころから
応援や励ましのお言葉をいただいた時のことは
今でも忘れません。

前回新築した現場では、ご夫婦二人暮らしを想定
した造りでしたが、今回は親子三人家族。

それに加えて職業柄も考慮している他、
照明器具は芸術品レベルのものを取り入れていた
ので、お施主さまそれぞれの希望や好みが
風格として表れて良いぁと体感しました。
又、コンセント位置までも一つ一つ熟考していたので、
そのこだわり強さに関心してしまった(;・∀・)

お庭に関しては、ご施主さまが造園を営んでいる
ということで、ご自身での植栽です。
楽しみですね、ブログにあげたら嬉しいです。

T様、ありがとうございました。

(初)春キャンプ。


こんにちは。
先日、初の春キャンプに行ってきました!

年末にキャンプをした以来、今年の冬は
寒すぎたので冬季のキャンプはお休みして
いたんです。
気温も緩やかに上がり始め、初の春キャンプ
ということもあり、楽しみに待ち望んでいました(^^)











いつの間にか桜が満開になっていたので、
桜の木の下にテントを張って、春を堪能。
見晴らしの良い景色を眺めては、満開になった
桜を眺めたりと贅沢ですね(笑)。
又、季節が変わることによってキャンプ道具も変わって
くるので、これも楽しみの一つです。

今回は途中で雨が降り始めましたが、テントに当たった
雨音を傾聴するという、新たな楽しみ方を発見
できました。

残るは夏キャンプ。
焚き火の存在がどう変わってくるのかわかりませんが、
楽しみです(^^)

入社して一年。


こんにちは。
4月に入り、ポカポカ陽気になってきましたね。
そしてこの4月を持ちまして、矢川原入社一年を
迎えました!早いですね~。

入社してから生活環境が大きく変わり、
「新しい」がほぼ毎日ありました。今も尚です。
そして、たくさんのお客様との関りを持てたことで、
客観視する力を少しながら養えたのではないでしょうか。


入社して間もない頃は、お客さまに
「新しく入った方ですよね?応援しています」とお声をかけて
いただいていたのですが、今現在では
「大人っぽくなったね~、作業着が似合うようになったよ」
などのお声をいただき、言葉の変化になんだか嬉しく思います。

しかし、それで満足せずに見た目だけではなく、
中身の成長も欠かしてはいけませんね。
これからもスモールステップに励んでまいります。

今後とも、矢川原2年生になった岸田をよろしく
お願いいたしますm(__)m

ディズニーの襖紙。

こんにちは。

先日、襖貼り替え工事をしまして、
お客様が遊び心あるようにしたいということで
ディズニー柄をお選びいただきました!

 

 

 

 


私自身も実物を見るのは初めてでして、
カタログで見たサンプルよりもインパクトがあり、
笑みがこぼれてしまいました(^-^
とてもかわいらしいです。
襖紙は種類が豊富なので自分の家で襖紙を変えようと
なると迷いに迷ってしまいそう、、。

赤や青などと珍しそうな色や柄があり、
お客様はどれにしようかなぁ~と
楽しそうに選んでいて、温もりを感じました。
襖もお部屋の雰囲気や自分の好みなど、
こだわりを持ってお部屋のアクセントにするのも
良いですね。

お客さまは大変満足されており、お孫さんも大喜び
していたそうで何よりです(*^^*)

初めての油彩画。


こんにちは。 


今回は初めて油絵を描いたお話。
岸田大歩作品展No.1ということでご紹介します。
(No.2があるかわかりませんが。)


遡ること11か月。
油絵をふと描いてみたくなり、メルカリで油絵具を
最低限に買い揃え、描き方もわからなかったので
なんとなく筆を動かしてみました。

色鉛筆や水彩と比べ、筆のタッチに重厚感が
じんわりと漂ってきて独特の緊張感があり、
これが油彩たるものなのか(?)
と関心してしまいました。
又、油彩は陰影部分の表情が特に味わい深いです。

そして描きあがり、数日乾燥させて完成!



何を描いてみようかと迷った定か、
ヨッシーのぬいぐるみが視界に写ったので
ヨッシーを描いてみることに。

失敗することなく描き進められ、
初めてにしては良い感じかな~
と思います(*^^*)



腕を上げればもっと味わい深くなると思いますが、
その分、雑に描いているところも
目立ってしまいますね(^-^;
ですが、十分に楽しめてよかったです!


吹き付け断熱をしました。


こんにちは。

現在新築工事中のA様邸にて、吹き付け断熱を
しました!

今回、私自身初めての一人で立ち会いとなり、
出窓周りや玄関上など、吹き付けをついつい
忘れそうな箇所にしっかり施工されているかを
重点的にみました。






 


問題なく、施工されていました(^^)

この日は比較的気温が低かったのですが、
断熱材を入れると驚くほどに暖かくなります。
暖房を入れてるのか?というほどですよ。
暖かいどころか暑くて汗が出てきてしまいました(;・∀・)

お客さまも施工後を見て、納得のご様子。
気密測定も近いので、どのくらいの数値が出るのか楽しみです!