矢川原かわら版10月号~新型コロナ対応!これからの住まいづくり②

道端のコスモスや曼殊沙華に秋を感じる今日この頃、
皆さまにはいかがお過ごしでしょうか?

このところ急に朝晩が涼しくなってきましたね。
季節の変わり目ですので、風邪などひかないよう
どうぞくれぐれもお気を付けください。

さて、今回の矢川原かわら版10月号のテーマは、
前回に引き続き、
「新型コロナ対応!
    これからの住まいづくり②」
をご紹介しています。

コロナによって外出しづらくなり、在宅時間が増えていますが、
皆さまはお家でどのように過ごしていらっしゃいますか?

自宅に籠ってばかりいるとストレスが溜まる、
という人も多いことでしょう。
本来なら一番くつろげるはずの自宅に、
ただずっといる事がストレスになる、
というのは 住まいに携わるものとして悲しいことです。

ぜひ少しでもお家時間を快適に過ごしていただきたい!

今回はそのために、
家作りの段階で考えておきたいこと、をご紹介しています。
ぜひご一読ください。

 

※今回の内容は、矢川原で開催している
「住まいづくりセミナー」で、もっと詳しい内容をご紹介していますので、
ご興味がありましたらぜひお問い合わせください。

 

>矢川原HP>最新イベント情報

個別セミナーはもちろん、ZOOMを使ったWEBセミナーも行っています!

 

 >矢川原かわら版をご覧になりたい方はコチラからお申し込みください!

矢川原かわら版9月号~新型コロナ対応!これからの住まいづくり①

例年なら新学期が始まったばかり、という時期なのですが、
今年は8月半ばに短い夏休みが終了してしまいましたね(^-^;

9月に入って少し涼しくなったかと思いましたが、
今日はまた猛暑日になりそうで・・・
厳しい残暑の中登下校する子どもたちが
熱中症にならないように祈るばかりです(^-^;

さて、今回の矢川原かわら版9月号のテーマは… 

「新型コロナ対応!
    これからの住まいづくり①」
です。

コロナによって一変してしまった世界・・・
元の生活に戻るためには、特効薬やワクチン等の
開発と普及を待つしかない、という状況を考えると、
これから数年あるいは10年以上にわたって
「With(ウィズ)コロナ」の暮らしを考えることが必須になってきています。

新築に限らず、リフォームにしても、
これから住まいを考える時、どんなことに気を付けていったら良いのか、
そのポイントについてご紹介しています。
ぜひご一読ください。

 

お気付きになった方もいるかもしれませんが、
これは8月に川越まちゼミで開催させていただいていた
セミナーと同じタイトルです。

まちゼミは終了しましたが、同様の内容で
矢川原の「住まいづくりセミナー」として
今後も開催していく予定でいます。

今回のかわら版では、紙面の関係上、セミナーでお話しする内容の
ほんの「さわり」の部分のご紹介しかできませんので、
もしもっとちゃんと聞いてみたいなとご興味を持たれたら
ぜひセミナーにご参加くださいね(*^^*)

>矢川原HP>最新イベント情報

個別セミナーはもちろん、ZOOMを使ったWEBセミナーも行っています!

 

 >矢川原かわら版をご覧になりたい方はコチラからお申し込みください!

矢川原かわら版8月号~二重サッシのメリット・デメリット

暑中お見舞い申し上げます!

今年は本当に雨の多い梅雨で、
いつになったら梅雨明けするんだと皆思っていましたが、
先日ようやく明けやっと太陽が戻って来てくれましたね。

ただ、明けた途端の猛暑で、身体が付いていかないと
熱中症などの危険度が高まるそうです。
皆さま本当にくれぐれもお気を付けください。

 

さて、そんな今月のかわら版のテーマは… 

「ペアガラスとは違う?    
  「二重サッシ」のメリット・デメリット」
です。

年々暑さが厳しくなってきているような気がします。

身体のためにも無理をせず、
冷房を活用したいところですが、
「冷房を付けても効かない(+_+)」・・・という方も。
その原因の一つに挙げられるのが窓の断熱性です。

窓からの熱損失は家の中で一番激しいので、
窓の断熱性能が低いと、外からの日射熱を防げず、
せっかく冷房で冷やした空気もすぐ窓辺で温められてしまいます。

なので冷房効率を上げるためにとても有効なのが、
窓の断熱性能を上げることなのです。

その方法は2つ。
ガラスをペアガラスにする方法と、
もう一つ、 内窓を取付け、二重サッシにする方法があります。

今回はとっても簡単で効果の高い二重サッシについて、
そのメリットやデメリットなどをご紹介しています。

ぜひご一読ください!

 

なお、矢川原では、 8月12日(水)より16日(日)までの5日間、
夏季休暇とさせていただきます。

ご連絡は留守番電話でのご対応となりますので、 どうぞご了承ください。

今年は何かと落ち着かない夏休みですが、
お体に気をつけて、良い休日をお過ごしください。

 >矢川原かわら版をご覧になりたい方はコチラからお申し込みください!

矢川原かわら版7月号~快適&省エネ!あかりライフ

先週末の完成見学会は、初の1枠1組様限定の
完全予約制見学会という形で開催させていただきました。

土曜日、日曜日とも、満員御礼というわけにはいきませんでしたが
複数のご予約をいただくことができました!
ありがとうございました!

普段なら見学が終わるとすぐにお帰りになるお客さまも多いのですが、
ご予約の時間いっぱいゆっくりとお話をされて行かれる方が多く、
ゆったりとした雰囲気の中、ごゆっくりご見学いただけたのが
とても印象的でした(*^^*)


※玄関入ってすぐの手洗いやテレワークにも便利な書斎コーナーは
コロナ過のこれからの家づくりのヒントにもなりそうです。


※日曜日の午前中はすごい土砂降りだったんですが、
3尺も軒のあるこちらの家では、
あれだけの雨でもその深い軒のお陰で雨が吹き込まず、
窓は開けたままでいられたので、とても快適でした。
軒の出って大事だなと再確認できましたよ。

 

今回は大体的な告知を行わなかったこともあり、
リモート見学の方へのお申込みはありませんでしたが、
イベント前に練習のためにと、社長とオンラインで繋ぎ、
矢川原事務所内で現場の様子を見学させてもらいましたが、
思った以上に写りも良くて、建物の様子が良く見えて
面白かったですよ(*^▽^*)

Withコロナ、アフターコロナといわれていますが、
今後とも、感染予防に配慮しつつ、
今回のような完全予約制見学会やリモート見学会、
またリモート相談会といった形態での
イベント開催が多くなると思いますので
ぜひ皆さまのご都合にあわせてご活用ください。

 

さて、そんな中ではありますが、7月に入りましたので、
かわら版7月号をお届けしたいと思います。

今号は、私、吉田がおすすめコーナーの担当となりますので、
特集コーナーは渡部の新コーナー

Color of Life ~暮らしに彩りを~

を始めさせていただきます。

初回の今回は、「快適&省エネ!あかりライフ」と題して、
「多灯分散型照明」についてご紹介しています。
ぜひご一読ください!

 >矢川原かわら版をご覧になりたい方はコチラからお申し込みください!

矢川原かわら版6月号~きれいな網戸で換気しよう!

緊急事態宣言が解除され、長かった自粛生活から
ようやく日常が少しずつ戻ってきたような気がします。
まだまだ油断はできませんが、
やっぱりうれしいですね!

さて、この時期の矢川原かわら版6号のテーマは… 

「きれいな『網戸』で換気しよう!」です。

梅雨入り間近ですが、天気のいい日は窓を開けて
気持ちのいい風を通したいですよね。

コロナウイルス対策のためにも、
定期的な換気は欠かせません。

でもそろそろ虫も増えてくる季節なので、
そのまま開け放っていたら夕方大変なことになっちゃいます(^_^;)
網戸は必須ですよね。

網戸の性能や違いなんて、普段あまり気にすることはないかもしれませんが、
実は結構種類によって違いがあるんです。

今回はそんな網戸についてのあれこれをご紹介していますので、
ぜひご一読ください!

 >矢川原かわら版をご覧になりたい方はコチラからお申し込みください!

矢川原かわら版5月号~エアコンの試運転

なんとなく肌寒い日の多い4月でしたが、
GWが近づいてやっと例年並みになってきた感じがしますね。
連休中の気温も軒並み23,4℃を超えてくるようですから
ここから急に夏っぽくなってくるのかもしれませんね。

 

そんなこの時期の矢川原かわら版5月号のテーマは… 

「シーズン前に必ずチェック!
   エアコンの試運転をしておこう!」
です。

 

夏本番が来てから、「暑いなぁ~」と
エアコンのスイッチを押したら動かない。
・・・なんてことになったら本当に困りますよね(~_~;)

夏に備えて、また冬に備えて、使用頻度の減っているシーズン前の
今のうちに、必ずやっておいていただきたいのが、
エアコンの点検と試運転です。

今回はそんなエアコンの試運転のやり方と
チェックポイントについてご紹介しています。
ぜひご一読ください!

 >矢川原かわら版をご覧になりたい方はコチラからお申し込みください!

矢川原かわら版4月号~無垢板の外壁の意外な耐候性について

新型コロナウイルスの猛威止まらず、
世界中とんでもないことになっていますね・・・
こんな事態になるなんて、少し前には全く想像していませんでした。

ちょうど3月初めから始まった学校休校措置も
昨日でちょうど1か月たちました。
この1か月、長かったですね・・・

やっと4月の新学期が見えては来ましたが、
学校再開を素直に喜んでばかりもいられず、
いろいろ不安は尽きません(~_~;)

とにかく今は、一人一人が目の前の最善を尽くしていくこと、
うつらない、うつさない、そのためにどうしたらいいか考え行動すること。
それしか無いようにも思います。

お互い気を付けて、日々過ごしていきましょう。

 

さて、そんな今日この頃ではありますが、
今回の矢川原かわら版4月号のテーマは… 

「無垢板の外壁の意外な耐候性について」です。

先日お引渡しをした新築の現場で、無垢板の外壁を張らせていただき、
大変ご好評いただきました。
通りすがりに外壁に無垢板を使っている家を見かける機会も
増えているように思います。

今、見直されてきている無垢板外壁ですが、
メンテナンス性などに不安を感じられる方も多くいらっしゃるようです。

そこで今回は、改めて無垢板の外壁について調べてみました。

・・・そこで分かったのは、
私自身ちょっとびっくりするほど高い耐候性だったんです!

皆さまの住まいづくりのご参考にしていただければ幸いです。
ぜひご一読ください!

 >矢川原かわら版をご覧になりたい方はコチラからお申し込みください!

矢川原かわら版3月号~樹楽の家を造る人達

今日はひな祭りですね。
ひな祭りといえば桃の節句ですが、
暖冬の今年は、桜の開花もかなり早まるようで、
東京近郊は3月17日の開花予想となっていました。
あともう少しですね。

 

春が近づき、心浮き立つ季節のはずなんですが…
今年はそうもいかないようですね。

新型コロナウイルスの感染が広がり、
学校の閉鎖や外出自粛・・・
日々気の滅入るニュースばかりです。 

どこまで感染が広がるのか、まだまだ予想もつきませんが、
何よりもまず、病気を寄せ付けないように身体を健康に保ち、
たとえかかっても軽症で済むようにするのが
最善の策ともいわれています。

皆さまもくれぐれもお体ご自愛いただき、
この難局を乗り切っていただけるよう、切に祈っております。

 

さて、今回は矢川原かわら版3月号をお届けします。 

今回は「樹楽の家を造る人達」シリーズ
屋根工事をお願いしている新井瓦店の社長、
新井庄作さんをご紹介しています。 

屋根工事の中でも特に日本瓦などの瓦屋根の施工をされる業者さん。
プライドを持って仕事に取り組んでいらっしゃる男気がある、という感じの方です。
趣味のバイクに乗った写真もかっこいいですよ。

今回はそんな新井さんの仕事へのこだわりや
趣味のお話など
いろいろ伺いました。
ぜひご一読ください!

 >矢川原かわら版をご覧になりたい方はコチラからお申し込みください!

矢川原かわら版2月号~快適な住まいは「断熱」から!

今年は暖冬ですが、ここ数日は冷え込んでますね(;^ω^)
久しぶりに手袋を使いました(笑)

朝起きて、ファンヒーターのスイッチを押すと、
設定温度と共に室温が表示されます。
電気代節約のため、設定温度をかなり低めにしてはいるものの、
一応24時間床暖房の付いている我が家では
昨日のように冷え込んだ朝も、
16,7℃はあるのでありがたいです(*^^*)

でも友人のSNSで、「リビングの室温が2℃だった!」
なんて書き込みがあってビックリしました。
2℃はキツイですよね(^-^;
皆さんのお宅では何℃くらいでしたでしょうか?

 

夜寝る前に暖房を止めて、朝どのくらいの室温になっているのか。
それは住まいの断熱性能によって差が出ます。

そこで今回の矢川原かわら版2月号のテーマは…

「快適な住まいは『断熱』から!」

という内容でお届けすることにしました。

 

「断熱」すれば、暖かい家になる。
それはもちろんそうなんですが、ただ、それだけじゃないメリットも実はたくさんあるんです!

今回はそんな「断熱」のメリットについてご紹介しています。
ぜひご一読ください!

 >矢川原かわら版をご覧になりたい方はコチラからお申し込みください!

矢川原かわら版1月号~「床下暖房」ってどんなもの?

今年は例年に比べると暖冬みたいですね。
あちこち雪不足とのことで、
明日からボーイスカウトのスキー合宿なのですが、
ちょっと心配です(^^ゞ

でも暖冬とはいっても寒いときは本当に寒いですよね。
今回の矢川原かわら版1月号のテーマは…

「床下暖房」ってどんなもの?

という内容でお届けしています。

みなさんは「床下暖房」ってご存知でしょうか?
床暖房に似ていますが、ちょっと違うんです。

今回は特に、これから大注目の「床下エアコン暖房」についてご紹介したいと思います。

ぜひご一読ください!

 >矢川原かわら版をご覧になりたい方はコチラからお申し込みください!