34万分の2000人

皆様こんにちは。
今日も寒いですね~ しばらく前から子供が風邪を引いてるんですが、 いつまでも咳が治らず、しょっちゅうコンコンしているので かわいそうになってしまいます(-“-)
薬も飲んで、加湿もしてるんですが、 まだマスクをしていられないので なかなか治まらないですね。
また今日も耳鼻科通いかな… そんな折、市役所から私宛てに封書が届いたので 何事?と思い開いてみると、

「川越市の医療に関する意識調査」 とのこと。
市民から2000人を無作為に選んだということでした。
調べてみたら川越市の人口は現在34万人。 まあ成人が対象なんでしょうが、それでも34万人中の2000人に 当選した、ということですね(笑)
要は病院に通ったりする現在の状況のアンケートと これから川越市の医療にどうあってほしいかという意見を求められた訳です。

私の住んでいる古谷は、埼玉医大にも近く、 子供がお世話になれるかかりつけの内科や小児科も近くにあるので 医療的には結構恵まれた立地だと思います。
医師会には入ってないそうですが、 深夜に開業している「川越救急クリニック」の存在も大きいですよね。
通常夕方4時から深夜10時まで開いてますから、 体調の悪い主人がそれでも仕事を休めない時に、 仕事帰りに寄って診てもらう、ということも何度かありました。
とっても助かっていたんですが、でも最近はあまり行ってないです。
行かないで済んでるということもあるんですが、 それだけじゃなく、 いつ見ても夕方以降はすごい混んでるんですよ(ーー;)
テレビでも何度か紹介されていましたから認知度が上がったせいもあるんでしょうが、 一番は他になかなかそういった病院がないからなんでしょうね。
理由はいろいろあるようですが、 病院って深夜割増とか取れないから、深夜に営業すると人件費とかで 採算が取れないということが大きな要因みたいです。
でもこちらとしてはちょっとくらい深夜料金取られちゃっても仕方ないから、 夜でも気軽に診てもらえるような夜間専門の医療機関が 市内にもっと増えたらいいなと思っていたので、 アンケートが来たのをこれ幸いといろいろ書き込んでしまいました(笑)
だってそうすれば、仕事だからって病院に行かずに無理して悪化させる前に、 仕事帰りにさっと寄って薬もらって早めに治すこともできるだろうし、 子供が夜中に熱を出したって救急車だなんだとあわてないで、 まず近くの病院に問い合わせることもできますから。
もっと一般的になれば昼間の病院の混雑も緩和されるんじゃないかな? 私の意見がどの程度活きるかはわからないですけど、 ちょっとは反映されたらうれしいですね(#^.^#)

 

——————————————————————————–

埼玉・川越で注文住宅を建てるなら、 樹を楽しむ家づくり「樹楽の家」矢川原にお問い合わせください!

株式会社 矢川原(やがはら)
〒350-0822 埼玉県川越市山田763-1
TEL*049-222-2839 FAX*049-222-2838
E-mail* wood@yagahara.co.jp
HP* http://www.yagahara.co.jp

——————————————————————————–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA