基礎と土台◆川越

昨日は会社からすぐ近くのところで始まった
新築注文住宅の現場へ写真を撮りに行ってきました。

現場は基礎のコンクリート打設が終わり、
12月23日の上棟に向けて、土台敷きの作業の真っ最中です。
新築現場061219-2
棟梁が檜の土台にボルトを通すための穴を開けていました。
新築現場061219-4
基礎に埋め込まれた金物↑に合わせて位置を決めて穴↓を開けていきます。 新築現場061219-3
中腰なのでちょっと腰の痛くなる作業… お疲れ様ですm(_ _)m

ちょうど私がいるときに 玄関土間のコンクリート打ちの作業もしていました。
新築現場061219-1
たまに現場に行くことはありますが、
タイミングが合わないと作業中を見ることはあまりないので、
初めジャリジャリでゴツゴツしているコンクリートが、
ならされていくうちに滑らかに平らになっていく様子を興味深く眺めてきました。
新築現場061219-5

昨日は朝から雨が降るんじゃないかと心配するような空だったのが、
昼過ぎからちょっと日が差してきていたせいか、
作業をしていた頭(かしら)は汗だく。
…私はコートを着ても寒いくらいだったんですけどね(^^ゞ
やっぱりかなりの重労働なんですね。

こちらのお宅は矩勾配(かねこうばい)の洋風建築。
上棟するとかなりのボリュームになりそう。
外観にもかなりお施主様のこだわりが現れているので、
これから工事が進むのか楽しみです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA