撮影旅行!?

皆様こんにちは。 私の趣味の一つに写真を撮ることがあります。 まあそのレベルは、考えなしに バシャバシャと枚数撮り続けるだけですので、 タカが知れてますけどね(笑) ただ、旅行も大好きなので、 行く先々でブラブラしながら写真を撮ってくるのは、 何よりの楽しみでもあります。 後で、写真を見ると、その時の事が思い出されて楽しくなります。 今回は、連休を頂くことができた日の朝、 目が覚めると、見事な快晴とあり、お昼過ぎから急遽車を走らせてみることにました。 目的地は、まったく無し! 綺麗な夕日でも見れればいいなあ~と 車に乗り、ナビで秩父方面の山の辺りを検索して、 適当に車を走らせて行きました。 しかし、それほど良いロケーションが見当たらない・・・。 時間はドンドン経過し、出発前のグダグダをちょっと後悔しましたが、 なんと日が沈んでしまいました(泣) 計画性の無さが露になります。 ただ、もともと昼過ぎの出発でしたので、 宿を取るのも面倒だし大変ということで、今回は寝袋持参です。 これさえあれば、どこでも寝れます! ならばと、ナビ上の温泉マークでも探しながら行ける所まで行ってみよう! ということになり、ガンガン車を走らせていたら 長野県まで下道だけで来ておりました(汗) それも冷静に地図を見ていると、もの凄い遠回り・・・(汗) まあこれも旅の楽しさだろう!と自分を励ましてみます。 ただ、時間も遅くなり、温泉も中々見つからない。 お休みだったり、時間が過ぎていたりします・・・。 何とか保養施設のような場所を見つけ、お風呂にありつき、 その後、夕食を取ったのは、9時過ぎでした。 食事を取ったお店で、店の方に綺麗な朝日を見れるところを知っているかと 訪ねると、八千穂高原のあたりは、よくカメラを構えている人がいるよ!とのこと。 これだ!と思い、今夜の宿泊場所はその周辺にすることにしました。 路肩の広いところに車を止め、就寝の準備です。 といっても、車のシートを倒して、寝袋を広げるだけですけど・・・。 準備完了!さて、ラジオでも聞いてから寝ようかな~と考えて ふと、外を見てみると、なんと満天の星空ではありませんか! これは、寝ていられないとカメラを構えることに! 三脚を立てて、カメラを設置! 星が多すぎて、どれがどの星座だかもわかりません! 何とかカシオペア座は分かったので、そちら方向をカメラを向けてみます。 IMG_2545.jpg 約20分シャッターを開放して、撮ったものがこちらです。 北極星を中心に回転しているのが良くわかりますねえ~。 車道の脇でしたので、車が来ないことを祈り続けて撮影してました(笑) 何枚か撮影してみてから、ご就寝です。 明日は、5時前に起きて、朝日を待つ予定です。 どうか晴れますように・・・zzz そして、翌日、またまた見事な快晴! 昨晩の内に目を付けていたポイントに行き、カメラを設置します。 自分一人かと思っていると、一人また一人とやって来ます。 最後には、6,7人いましたかねえ~。 この寒い中、物好きがいるものだなあ~と感心します。 まあ自分も物好きな人の一人ではありますけどね(笑) 少し経つと、空が明るくなってきます。 徐々に変化していく空を見ながら、感動しつつ ガンガンシャッターを押していきます。 早起きは苦手なのですが、この感動が得られるなら頑張ってしまいます。 こちらです。 IMG_2611.jpg 空が明るくなってきました。 IMG_2637.jpg ちょっと太陽が顔を出してきています。 IMG_2651.jpg 上空の雲が色づき、本当に美しいですね~。 IMG_2658.jpg 太陽が完全に出ました! 山の稜線がきれい浮かび上がり、もう感動の一言です! ふと周りを見ると、素晴らしい紅葉です。 IMG_2700.jpg IMG_2708.jpg 明るくなって始めて、紅葉していることを知りました。 10月前半でも、標高が高いので綺麗な色づいてましたねえ~。 この後、すぐそばの八千穂レイクというところに車を移動し、 何するかといいますと、二度寝です・・・(笑) 一時間ぐらい寝てから湖周辺を積んできた自転車で走りましたよ! IMG_2719.jpg IMG_2721.jpg 空気がひんやりとして、超~気持ちいい~!(北島康介風) こちらの湖の畔で、朝食をとります。 何とも贅沢な時が、ゆっくりと流れていきます。 朝食後に遊歩道を歩いていると、 白樺の木が立ち並ぶ中で、綺麗なもみじも見れました! 白と赤のコントラストが本当に綺麗でしたよ。 IMG_2741.jpg 時間は、まだ、8時くらいです。 早起きは三文の得とはよく言ったものです。 この後、自然園に入り、白駒池を見て、帰路に着きました。 その様子は、また後日、ご紹介したいと思います。 旅って、本当にいいものですね! さよなら さよなら さよなら (淀川長治 風) 矢川原かわら版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です