薪ストーブ設置完了!!

皆様こんばんは。 ついに薪ストーブを設置しましたよ! 昨日・今日は結構暖かかったですが、 師走にもなったこともあり、このところ寒いですよねぇ~。 薪ストーブに適した気候になってきましたよ! 前回のブログで、炉台のところまでお伝えしましたが、 今日、設置が完了いたしました。 IMG_7476.jpg 大きな吹き抜けにある薪ストーブは、 存在感抜群です! 今回は、丸々2層の吹き抜けになっているので、 煙突も非常に長く、施工がちょっと大変でした(汗)。 お客様もお仕事の後に、現場に寄ってくれたらしく、 早速喜びの電話をいただきました。 他に用があったのですが、 第一声が「薪ストーブ最高です!」でしたよ。 このような喜びの声は、何よりのお言葉ですよね! 前回のブログでもお伝えしましたが、 薪ストーブは、躯体そのものが熱くなることで、 その熱を放射熱として、外部に伝えるものです。 ですので、躯体そのものは、200度を超える高温になります。 小さなお子様がいる家族では、お子様が触らないように柵が必要になります。 今回のA様も今回の設置に当たって、購入いただきました。 ハースゲートと言うんですよ。 これらは、薪ストーブを安全に使用していただく上で大切なことなんですよね。 ただ、設置させていただく立場として、 これらの機種の優れているところは、 躯体の性能はもちろんですが、煙突にあるように思います。 実は、二重構造になっていて、その間には、断熱材が入っているのです。 設置時スライドさせながら施工する部分にも断熱材をきっちり詰め込んでいますよ。 IMG_7470.jpg これらの効果によって、ストーブ本体が300度前後まで上昇しても 煙突自体は手で触れるくらいなんですよ! なぜ、こういった煙突を使用するかと言いますと、 暖められた空気が煙突内で、急激に冷やされてしまうと、 それらが煤(すす)となってしまいます。 場合によっては、その煙突内に溜まった煤が 発火するという現象が起こることがあるのです。 その名を「煙道火災」と言います。 二重煙突は、その急激な温度低下を防ぐ効果があるんですよ! 確かに価格としては、高価なものです。 ストーブ本体と煙突の合計がほとんど変わらないですからね。 けれど、やはり安全性に変えることは出来ないと思います。 「家族の器」でもある住まいで、事故を起こすわけにいかないですからね。 (*弊社では、二重煙突以外の煙突を使用した工事を請け負うつもりはございません) 薪ストーブは、「人を三度暖める」と言われてます。 薪を割ることで身体を暖め、その炎によって部屋を暖め、 その揺らめく炎で心を暖める 確かに、薪ストーブにはその効果があると思います。 皆様にもぜひその効果を味わっていただきたいと思います。 見学会の皆様のご来場を心よりお待ちしています。 矢川原かわら版

薪ストーブ設置完了!!” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    家族3人でしばし眺めてしまいました。
    こみ上げる思いが溢れてしまう・・・程の感動でした。
    創造以上の出来栄えです。
    本当に感謝です。ありがとう!!
    とにかく、早く点火したい!  

  2. SECRET: 0
    PASS: df375f984c083915b641eb297ed9321b
    A様
    コメントありがとうございます。
    確かに点火が待ち遠しいですよね!
    これからが、薪ストーブ本番です。
    薪ストーブが、ご家族の新しい暮らしを
    更に暖かなものに
    変えてくれる事だと思います。
    これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です