地球環境に考慮した家造り

2月29日・3月1日と2日間、
地元川越宮元町での完成見学会は無事終わりました。
ありがとうございました。

花粉症で鼻通りの悪い私ですら、
玄関を開けた途端に包まれる木の香り、
それだけ木をふんだんに使っている証拠ですね。

香りだけでなく、木独自の温かみのある雰囲気、
本当に落ち着きます。

中でも今回私の目にとまったのは、この家の壁。
リボス社が作るオーガニック塗料を採用したそうで、
いずれ汚れたら塗る予定でまだ実際塗っていませんが、
アマニ油・チョーク・水を主成分にした塗料で、
間違って子供が舐めてしまっても大丈夫という安全性の高さ。

そして、よく使われるビニールクロスは生産量が6臆㎡に対して、
廃棄量が4.2㎡億もあるということを、
恥ずかしながら、始めて知った私。
この塗料を使えばゴミがでない、
汚れたら重ね塗りをすればいい優れもの。
なんて素晴らしい!!

地球環境に考慮した家造りは、
これから今まで以上に必要とされると思います。

矢川原とそんな家造り、考えてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA