上棟おめでとうございます! ~in 川越~

こんばんは。
田中です。

先日地元川越市山田で新築中のU様邸が
上棟いたしました。

当日は、朝はあいにくの雨となりましたが、
昼以降には見事に晴れ上がりました!

鳶頭に言われて、U様が神社にお参りに行ったことが、
見事に効果を発揮してくれたようです。

今回の上棟。普段ちょっと違いました。

弊社では、いつも小さいながらも弊串を1本上げて清めなどを行うのですが、
今回は本式となる大きな弊串を3本上げて行うこととなったのです。

私自身、矢川原に入社して初めてのことで、
緊張もしましたが、何よりお客様のお気持ちが嬉しかったですね。

立派ですよね~。

屋根の上に祭壇も設け、
鳶頭、棟梁、瓦屋、私、そしてお施主様であるU様が上がります。

祝詞を読む役回りとなった私もけっこう緊張してましたが、
高いところが苦手だというU様は、私とは別な意味で緊張のご様子でした。

U様、お疲れ様でした。

降りてから四方の清めを行います。

立派な直会(なおらい)の席もご用意いただき、
本当にありがたいですね。

職人たちも歩いてもすぐの場所とあり、この日はお酒もオッケーです。
私もしっかり飲ませていただきました(^^)v

そして締めは、やはり鳶頭による「木遣り」です。

やっぱり格好いいですね~。
お客さまにもとても喜んで下さいました。

けが人も出ることなく、無事棟も上がり、
上棟式も行うことが出来、何よりでした。

工事は始まったばかりなので、
最後まで気を抜かずに、
U様に喜んでいただける住まいにしていくよう
頑張っていきたいと思います。

手造りカヌーに久しぶりに乗る ~入間市~

こんばんは。
田中です。

ご存知でいてくれる方もいらっしゃると思いますが、
私は、2年掛かりで完成させた
手作りのカナディアンカヌーを所有しております。

中々格好いいでしょ(笑)

ですが、完成後この2年ほど全く乗っておらず、
自宅である展示場のオブジェとなっていました(-_-;)

そのカヌーに先週のお休み乗ってきましたよ(^O^)/

キッカケをくれたのは、友人K。
元々船造りに興味があったようで、自分もついに完成させたから
「一緒に行って、カヌーで遊ぼう!」ということに・・・。

友人家族と春休みで家にいた甥っ子・姪っ子に声を掛けて
入間市にある河川敷で遊んできました。

これは橋の上から撮影したものです。
3人乗っているのが、友人のカヌー。
2人で乗っているのが、私の作ったカヌーです。

水も本当にきれいで、写真で見ると、
北海道のような大自然で、川下りをしているかの様です(笑)

久しぶりのカヌーは、やはり楽しく、
今度は、奥さんと産まれてくる子どもと一緒に来たいな~と
改めて思った次第です。

仕事も遊びも一生懸命でありたいものですね!

高断熱・高気密とは

こんにちは。
田中です。

今日のブログは、ちょっと難しいお話です(笑)

川越市松郷にて新築中のK様邸。
大工工事も終盤に差し掛かっておりますが、
先日建物の気密測定を行いました。

昨今、高気密・高断熱という言葉を耳にすることは多いと思いますが、
実際のところ、どういうものなのかご存知の方はそれほど多くないと思います。

まずは、測定を行った気密とは、
おおざっぱにいうと、住まい全体で隙間がどれだけあるのか!です。

現在、明確な基準はなくなりましたが、
少し前の国の基準で気密住宅と認められるのは、
寒冷地でC値:2.0㎠ / ㎡
温暖地でC値:5.0㎠ / ㎡
となっていました。

床面積30坪くらいの住まいだとすると、
家全体の隙間が500㎠以下で気密住宅となります。

500㎠とは、A4用紙のサイズが600㎠くらいなので、
それより少し小さいくらいとなります。
けっこう空いてますよね(笑)

気密住宅を謳う会社さんは、今ではC値:1.0以下で争っている感じです。
C値1.0ですと、大体10㎝角くらいとなりますね。
住まい全体の隙間の合計がこの大きさなのですから、
この辺になると、小さいなあ~と言った印象ですかね。

もちろん、数値は少ない方がいいのが事実ですが、
ここまでくると、0.1低くなったと喜んでもあまり差はないかと思われます。

そんな弊社の今回のC値は0.82でした。
やっぱりちゃんと数値化されると、ホッとしますね(笑)

このC値とは、いわゆる「管理されていない隙間」となります。
これが少ないことで、計算された計画通りに
換気が行えるということにもなるのです。

そして、この「管理されていない隙間」から入る漏気とは
その場所によっては、結露の原因になってしまうのです。

後述する高断熱も気密がしっかりしていないと意味をなさないものに
なってしまいます。

断熱と気密は、あくまでセットで考える必要があると覚えて下さい。

そんなC値の測定方法は、閉め切った住まいで、
機械により空気をドンドン外に押し出して、
隙間から入ってくる数値を測定するというもの。

こんな感じで行われます。
きちんと資格を持った人に測定してもらい、
結果報告書を出して頂きます。

現在、工事中の方は、
施工会社に依頼してみるのも良いと思いますよ!


そして、気密と一緒に大切な断熱についてです。

断熱には、国の定めた基準があります。

床・壁・天井・サッシなどから逃げる熱量を計算し、
延べ床面積で割ったものがQ値。
外皮面積(床・壁・屋根・サッシなどの合計面積)で割ったものをUa値
と言います。

どちらも数値が少ないほど、性能が高くなるわけですが、

埼玉県のエリアですと、
Q値:2.7以下で基準クリア *これは少し前の基準です。
Ua値:0.87以下で基準クリアとなります。

ですがこの基準、世界的に見ると、
かなり甘~い基準でして、
これを満たして喜んでいるわけにはいきません。

そんな数値ですが、今回のKさま邸は、
Q値:1.7 / Ua値:0.64 となっています。

この数値は、
Q値で、東北・北海道クラス
Ua値で、東北・北関東クラス
となっています。

上を見れば、もっともっと性能の高い住まいはあります。
きっとより快適な住まいなのでしょうが、
コストがより掛かってしまうことは紛れもない事実。

出来ることなら、多くの人の手の届く範囲で、
快適な住まいに住んでいただきたいと願い、
建物の仕様を考えさせて頂いております。

また、性能が高ければ「いい家」かと言うと、
決してそのようなこともありません。

住む人の生活スタイルに合っていること。
建てる土地の気候風土、そして周辺環境に合っていること。

これらを満たさずに、「いい家」が出来ることはあり得ません。

矢川原では、お客様の話をじっくりと聴き、
建てる土地を実際に見て、肌で感じて、
プラン作りを行います。

それは、他にはないあなたとあなたの大切な家族のための住まいです。
私たちと一緒に大切な住まいづくりをしてみませんか?

今回気密測定を行った川越市松郷Kさま邸は、
来月完成見学会を予定しております。

日程が決まりましたら、HPで告知させていただきますので、
ご興味のある方は、ぜひ見にいらして下さい。

ぜひあなたの話をお聞かせ下さい。

現場ニュース! in 川越・川島・ふじみ野

こんばんは。
田中です。

穏やかで過ごしやすい日が続いていますね。
私は前回ブログにある花見の後にも、近場で夜桜を見に行くなど
今年はずいぶんと花見を楽しむことが出来ています。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

そんな遊んでばかりのような私(笑)。
最近遊びネタが続いたので、
現場ニュースをお送りしたいと思います(^O^)/

まずは、地元川越市山田で新築中のUさま。

基礎工事が終了し、上棟を待つばかりです。
お客さまがちょうど基礎工事の様子を眺めていますね!

U様は、以前にも工事でお世話になったことがあり、
その時の担当大工と意気投合。
今回も新築にあたり、大工のご指名があり、
半月ほどお待ち頂いている状態です。

上棟は今月18日の予定。
U様。もう少しお待ちください。

川越市松郷で新築中のK様邸。

断熱材の施工も終了し、床や天井が貼られてきています。

床材はすべて無垢床を使用しているこちらの現場。
玄関に入ってすぐのLDKにも檜の無垢床が貼られています。
張る前に大工さんが、床材の梱包を解いて仮並べしています。

無垢だからこそ一枚一枚が均一ではないので、
貼り上がりで色むら出ないように選びながら貼るのです!
ひと手間増えてしまいますが、重要なことなんですよ(^^)v

明日は、気密測定を行う予定です。
高断熱・高気密が当たり前になってきていますが、
やはりきちんと測定することは大切です。

実は久しぶりなので、ちょっと緊張しています。
結果はまたご報告させていただきますね。

川島町で大規模リノベーション中のF様邸。
いよいよ和室の造作が始まり、大工の腕の見せ所となっています。

和室の天井は竿縁天井で仕上げます。
まず棹を並べて、無垢の天井材を上から留めていきます。

この天井材は、解体時に丁寧に外しておいたものです。
洗い直して、再施工。
きれいに仕上がって、お客さまにも喜んでいただけました!

玄関は格天井。
こちらも今では中々見ない造りですよね!
大工さんってすごいな~って、こういう仕事を見ると特に思います。

広い現場なので、大工が終わったところから左官屋さんが入ってます。
今は下塗り状態。
こちらは壁・天井共に漆喰で仕上げる予定となっていますよ。

頑張ってくれている大工さんも、もうじき現場を離れることになります。
そこで、先日お客さまがわざわざお赤飯を用意して下さいました。

こういったお気持ちって、本当に嬉しくなりますね!
まだ工事は続きますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。


ふじみ野市では、新築マンションで家具の造作工事を行っています。

 

何もなかったリビングの一角に、
収納とデスクコーナーが造られました。

これから建具屋によって、引き戸や引き出しが付けられます。

マンション工事中に、工事業者にオーダーで見積もり依頼をしたら、
かなり高額だったということで、お声掛け頂きました。

ご紹介いただいたのは、先日薪ストーブのある増築工事をしたIさま。
息子さんをご紹介いただき、工事をすることに。

その時の工事はこんな感じでした。 
興味のある方はこちら

まだ仕上がったわけではありませんが、
納まった家具を見て、「やっぱり頼んで良かった!」と言って頂けましたよ(^^)v

大工さんと建具屋さんが造るオーダー家具。
既製品を買うよりは高くなりますが、家具屋さんに依頼するよりは安く出来ます。

あなたもオーダー家具を検討するなら「工務店」という選択肢もご検討下さい。

こんな感じで現場もあちこちで動いております。
イベント時以外にも現場のご案内は出来ますので、
興味のある方はぜひお声掛け下さいね(^^)v

寒桜の花見 ~in 坂戸~

こんにちは、
田中です。

一昨日は、出産を5月に控えた奥さまが
里帰りをする前の最後の休日でした。

そんなわけで天気も良いので、お花見に行こう!
と言うことになり、寒桜が満開だという坂戸市北浅羽に行ってきました!

一緒に延び延びとなっていた墓参りも済ませることも出来ました。

こちらはすぐ近所の「安養院」さん。
矢川原を父と一緒に始めた祖父が眠っています。
私が7歳の時に亡くなったので、もう34年前になります。

私はいつも線香を車に入れていて、決まった時期というわけでなく、
フラッとお墓参りをしているのですが、
結婚してから全然行ってなくて、初めて奥さまをご紹介。
遅すぎですね・・・(-_-;)
そして、なんとお腹の子どもを一緒にご紹介(笑)

お墓参りの後は、車で30分ほど掛けて坂戸まで移動。
寒桜の花見は初めてでしたが、本当に見事な桜でした。

桜の下で、お弁当を食べて、マッタリ(^o^)丿
いい時間でしたね~!花粉症がきつかったですけど・・・(-_-;)

奥さまも実家に帰る前に喜んでくれて良かったです。

願うのは母子ともに健康であることのみ!
こればかりは奥さまに頑張ってもらうしかないわけですが、
祈るくらいは出来るので、精一杯努めたいと思います。

5月頃に、この場で嬉しいご報告がしたいですね!

木で遊ぶ!

こんばんは。
田中です。

2年ほど前に「薪にどうぞ!」って
言われてもらったケヤキ材。

何かに使えないかな~と取っておいたのですが、
それがこの度役に立ってくれてました(^^)v

今年の初めに植えた庭小屋の植栽たち。

見ていただいた方にも分かるように
木の名前を書いたプレートが欲しいと
考えていたことを思い出して、いざ製作!

削りなおして、カットして、ハンダで文字を書いて、塗装して、
いい感じに仕上がりましたよ(^O^)/

まあ文字を書いたのは奥様ですが・・・(^^ゞ

暖かくなってきて、木々も蕾が付いてきているので、
今から葉や実が開くのが楽しみです。

そして、ちょっと大きめの板は、
カッティングボードにしてみました。

塗装した時の濡れ色が堪りません(笑)
自然塗料で塗ったので、安心ですね!

早速夕食に活躍!

奥様も一生懸命盛り付けしてましたよ(笑)

ちょっとした端材も工夫次第で見違えるほど
格好良くなりますね!

木で遊ぶのってやっぱり楽しいです。
また時間を作って物造りを楽しみたいと思います。

 

構造現場見学ツアー開催します! in川越・川島

こんばんは。
田中です。

今日は、3月11日。
7年前に東日本大震災が起きた日です。

未曾有の大災害の前に人の力はなんて小さいんだろう!
と思い知らされた日であります。

ですが、そこから立ちあがり動き出す人々を見ると、
人の強さを感じる日となっているのも間違いないですね!

私の地元埼玉県川越市は、
大きな被害を受けずに済んだ地域ではありましたが、
それでも様々な改修工事に追われた記憶が残っています。

やはり住まいは「家族を守るための場所」にしたいと、
震災以前より、耐震に意識が向くようになりました。

そんな大切な住まい。

仕上がりはもちろんですが、
耐震や快適に過ごすための断熱性など、
隠れてしまう部分をぜひ見ておいて頂きたいということで、

この度、弊社で現在施工している現場を巡る
「構造現場見学ツアー」を今週末に行うことになりました。

詳しくはこちらをどうぞ!

こんな現場を見ていただくツアーです。
ただし、当日は写真より現場が進行しておりますことは
ご了承のほど、お願い申し上げます。

最初は地元川越市山田U様邸。
基礎工事が進行中です。

2軒目は川越市松郷K様邸。
先月上棟し、木工事が着々と進んでいます。
耐震に重要な筋交いや断熱材などの施工状況が見られます。

3軒目は川島町のF様邸の大規模リフォーム現場。
先月にも構造見学会を開催しましたが、
その後も木工事が進み、
天井の板張りや漆喰塗りの下地となる石膏ボードなどが
張られてきています。

こういった仕上げ工事にかかる前の工程を
私どもの案内と共に見ていただくことができる
ツアーとなっています。

日程は、3月17日、18日の午後のみとし、
1日限定3組までの完全予約制のツアーとなっています。
すでに土曜日は残り1組、日曜日は残り2組となっています。

ツアーの詳細はこちらをご覧ください。

見えないところがどうなっているか不安だ。
どうやって家が出てきているのか、その過程を見てみたい。
家を建てるならやっぱり基礎や構造が大切だと思う。
「矢川原さんの構造ってちゃんとしてるの?」・・・と心配な方(笑)

これらの方にこそ、参加していただきたいツアーです。
現場はウソをつけません。
ぜひこの機会に矢川原の家づくりのホントをご覧いただきたいと思います。

ご参加をお待ちしております。

 

樹楽会旅行 ~in鴨川&横浜~

こんにちは。
田中です。

2月25日、26日の二日間、
協力業者さんたちとの旅行でした。
場所は鴨川&横浜です。

実は昨年秋に予定されていたのですが、
台風直撃であえなく延期となった経緯があります(-_-;)

作業場に集合して、大型バスに乗ってみんなで移動。
朝からお酒飲んで、後ろのサロン席では大騒ぎ。

私は夜の宴会に備えて、抑えぎみに呑んでました(笑)

最初は海ほたるパーキングにてご休憩。
時間もたっぷりあって皆さん思い思いに買い物を楽しんでましたよ。

買い物にあまりに興味のない私は足湯でのんびり。
海を眺めながらの足湯もいいもんです(笑)

目的地に着くころにはみんな酔っ払いです(笑)
寝てしまった人までいます。

その後も幾つか観光地を巡り、ホテルへ。
鴨川館というホテルで中々立派です。

お風呂にのんびり浸かって、宴会スタート。

最初に記念撮影。
遅刻者も出て、中々撮れないといういう落ちあり(笑)

最初の挨拶で、昨年の自分の結婚報告を改めてしたところ、
最後にお祝いとお花まで頂いちゃいました(^^)v
こういう気持ちって本当に嬉しいものですね。

中締めは恒例の鳶頭による「木遣り」。
昨年の50周年を記念して、普段はめったにやらないという
歌詞まで入れてくれました!

あんなにバスで酔っぱらっていたのが
嘘みたいな見事な歌声でした(^O^)/

朝は出発まで余裕があったので、
私は一人ホテル内散策。

ロビーの窓の取り方や照明の付け方など。
興味深いものがいっぱいです。

部屋に戻ると、同じ部屋の人たちが談笑中。


くじ引きによる部屋割りで、
会長、大工の下斗米岩男さん、加藤君、白井塗装さんと
同部屋となり、いびきの大合唱でしたね(笑)
まあ私もしっかり参加していたようですが・・・。

二日目は朝一でお土産を買って、また観光。

廃校となった学校を道の駅として再利用した場所を見学。

げた箱や飛び箱が何とも懐かしい。
教室も前の黒板側と後ろのロッカー側で
宿泊室として活用されています。

お風呂付で4000円。食事は給食メニューが食べられます。(別料金ですが・・・)
学生の頃の仲間と泊ったら、メッチャ盛り上がりそうですね(^^)v

その後フェリーで横浜方面へ移動。

ここでも結構呑んでました。みんなホントよく呑みます(-_-;)

そして横浜中華街で昼食。
その後は時間の許す限りの自由行動。
みんなは中華街の中を散策し、お買い物の様子。

私は、一人ちょっと離れた場所で建物探訪。
アントニン・レーモンド設計によるエリスマン邸を見学。

とても落ち着いた佇まいですね。

内部も窓ばかりというわけでもなく、
必要な明かりがきれいに射し込んできています。
手すり壁も特徴的ですね。

レーモンドが建築を学んだのは、
旧帝国ホテルの設計で有名なフランク・ロイド・ライトです。

池袋にある明日館と言うライト設計の建物でも
似た印象を受けました。

あまりに時間がなかったので、
ゆっくりと見れなかったのが残念でしたが、
移動中も様々な建物をチラリと見て歩くことが出来ました。

洋館があちこちにありましたね~。
さすが横浜って感じです。
ざっ田舎者発言ですね~(笑)

一般住宅でもオシャレな建物が多く、見ていて楽しかったです。
機会があれば、ゆっくりと歩いてみたいですね。

そんな感じの旅行となりましたが、いかがでしたか?

2年に一度となった旅行。
皆さんとのゆっくりと話を中々ない機会です。

また次回を楽しみにして、改めて仕事に励みたいと思います。
長文を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

現場ニュース! in川越&川島町

こんばんは。
田中です。

今日は先日工事に着手した地元川越市山田の
U様邸にて地鎮祭を行いました。

暖かな陽気に恵まれて最高の地鎮祭日和でした(^^)v
神主さんもいつもお願いしている山田八幡神社の原神主さん。

社務所の建築やご自宅もお任せいただき、
本当にお世話になっている方で、祝詞もとっても上手なんですよ!

そして先日上棟したばかりのK様邸。
上棟から数日が経過し、屋根が付いてきたことで、
建物の外観が見えてきました!

単純な切り妻屋根の住まいですが、
ガレージ屋根やテラスの屋根も付くので、
すごく大きく見えますね。

階高を低めにし、軒先を多く出したことで、
落ち着いた佇まいになったと思います。

そして、川島町での大規模リノーベーションのF様邸。

吹付断熱工事が行われました!

今回は断熱改修を1階エリアに絞ったので、
1階の壁、1階の屋根、2階の床下に吹付ける形になります。

床には別の断熱材が大工の手により施工されています。

この施工後、現場がとても暖かくなったので、
その効果を改めて実感できますね!

この断熱材。液状のものが吹きつけた直後から膨らむことで、
隙間がきっちりと埋まってくれます。

こういう筋交いなどの裏にもきっちりと簡単に施工できるのが魅力的です。
そして、弾性もあることから木材の収縮にも
追随してくれることも魅力の一つ。

気密性が長く保持されることとなります。

矢川原では基本的にこちらの断熱材を標準として施工させていただいています。
今回はサッシも樹脂サッシを使用するなど、リフォームとは言え、
新築以上の仕様となっていますね!

来月の17.18日で、予約制ではありますが、
これらの現場をご案内する現場ツアーを開催します。

建物の見えなくなってしまう部分がどうなっているか不安だ!
などとお悩みの方は、参加を検討してみて下さい。

矢川原の施工状況をご確認いただけると思いますよ(^^)v

 

祝上棟! in川越

こんばんは。
田中です。

川越市松郷で新築中のK様邸。
昨日上棟いたしました!

私が矢川原に入社する少し前、
平成11年に母屋の建替えを行い、

同じ敷地内に娘さん家族の住まいを建てるにあたり
再びご指名頂きました。

Kさま。上棟おめでとうございます!
そして、再度の指名ありがとうございます。

みるみる組みあがっていく建物を見て、
お客さまもとても驚かれていましたよ!

棟木には地鎮祭で神主さんよりお預かりした
棟札を付けた幣ぐしを取り付けます!

そして、棟梁、現場監督、鳶頭(どびかしら)が順々に
四方の清めをしていきます。

最後は清めに用いたお神酒のお下がりを頂戴し、
みんなで丸くなってご挨拶。

お施主様であるKさまからの一言を頂きます。
自分ももちろんしゃべりますよ!
あんまり上手くないですけど・・・(-_-;)

そして、鳶頭には木遣り(きやり)という祝い唄で一声上げていただき、
監督や棟梁の挨拶で〆となります。

暖かな天気に恵まれ、誰一人けが人が出ることなく
無事上棟出来て、本当に良かったです。

工事期間中も事故には最大限注意し、
Kさまに喜んでいただける住まいに出来るよう
引き続き、頑張っていきたいと思います。