台風対策について

こんばんは。
矢川原の田中です。

昨夜襲来した台風19号。
各地で大きな被害が出ていますね。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、
少しでも早い復旧を祈るばかりです。

弊社のある川越市山田では、幸いにも大きな被害はありませんでしたが、
朝、事務所に出勤すると、
床上浸水には至らなかったものの、
道路一面に藁くずがいっぱい!

近所の水路が溢れ、道路が冠水したことで、
こちらまで田んぼの藁が流れてきていました。

今日のお仕事は、この掃除がスタートとなりました。
市の災害対策に連絡したところ、搬送用トラックと重機が来てくれました。
もう少し早く来てくれれば、楽だったのに・・・(笑)

でも、ご近所の方も力を貸してくれたおかげで、
およそ1時間ほどで終了しました(*^^)v

トラック一台満載でしたね(;^ω^)

その後は、予想通りかかってくる雨漏りや台風被害のご相談電話の対応。
屋根の棟トタンなどが飛んで行ってしまったなどの
お問い合わせに対して、現況確認に動きます。

監督の野島さんは、昨日休みを取ってもらって、
今日は出勤してもらいました。
やはり頼りになりますね!


どんなお悩みにも、もちろん対応するのですが、
台風などについては、事前の対策がやはり肝心です。

川の氾濫などの大きなものに対しては、
的確なタイミングで避難をする以外にはありませんが、
同じ避難をするにしても、自宅での対策は、
小さなことを積み重ねることで、被害を確実に減らすことが出来ます。

今回、我が家で行ったのは、
①事前に家の周りの飛んでいきそうなものをチェックし、飛ばないようにする。
②窓にはテープを張って、もし割れてしまった時の飛散防止。
③早くから下水の流れが悪くなってきていたので、
  トイレや洗面所・浴室などを水嚢(すいのう)でふさいでおく。
④避難することになった時のために靴や着替え、寝袋などをザックにまとめておく。
⑤床上浸水になった際に困るものを可能な限り2階に上げておく

こんなことをやっておきました。
まあほとんど奥さんが頑張ってくれたのですが(;^_^A

今回、小さな子がいたことで、
常備しているおむつやウェットティッシュが
こういった事態にも便利なことも再認識しました。

水道を出さなくても、手や体を拭ける。
トイレを流せなくても、おむつを置いて使用することで事後処理がしやすい

「備えあれば憂いなし」
確かに2階に上げたものを片付ける時などに面倒な思いもするのですが、
それは結果的に「何もなかったから・・・」だけのことですよね。

今回、色々と対策したおかげで、
少しでも安心感が増すことを実感しました。
今後も面倒くさがらずにやりたいと思います。

皆様も一緒にやっていきましょう!

それが地域のためとなり、最終的に自分に返ってくるのだと思います。

新築スタートしました! ~in 川越市宮元町~

こんばんは。
田中です。

自宅兼展示場から100mほどのところで、
新築工事が着手しました。

今日は、杭工事が行われましたよ(*^^)v
朝出勤前に歩いて見に行けるというのはいいものです(笑)

今回は、RES-P工法という地盤改良工事。

単管パイプのような細いパイプを地中に埋めていきます。
その数およそ100本。

すごい数ですよね~。
これが家を支えてくれるわけですから、
とても大事な作業になります。

段取りより工事が進み、お昼過ぎくらいには終了しました。

そして、作業場では大工さんが上棟までの準備を着々と進めています。

床の断熱材や床下地となる24㎜厚のベニヤは大工さんがプレカット。
矢川原では、建具まですべて造作なので、
建具枠も加工が必要になります。

これはリビングに立てる桧の丸太の加工をしている様子。

通常の四角い柱と違って、芯を決めるなど、やることたくさん。
でも、こういうのを見ると大工さん!って感じがしますね~。

上棟は来月上旬の予定。
今から楽しみです(#^.^#)

 

OB様邸訪問ツアー ~in 川越・川島~

こんにちは。
田中です。

9月最後の日曜日。
OB様邸訪問ツアーを開催しました。

3組限定の予約制ツアー。
今回は2組参加と1枠残ってしまいましたが、
新築、リフォーム検討中のお客様がそれぞれ1組ずつ、
ご参加いただきました。

ほぼ同時期にお引渡しをした
新築及び大規模リフォームの現場とあって、
参加したお客様も熱心に見学され、
OB様に直接お話をお聞きしたりしていましたよ。

新築現場はこちら
リフォーム現場はこちら

お引渡し前の完成内覧会もいいですが、
やはりこのOB様邸訪問ツアーは、参加者の反応が良いですね。

手前みそではありますが、
これができる会社とできない会社では、
大きな差があると思います。

お客様との信頼関係や工事の満足度などが高くないと
実施することが出来ないからです。

いつも二つ返事でいいですよ!
と言ってくださるお客様に本当に感謝です。

最後に事務所でアンケートにお答えいただき、
改めて感想などを聞いて、解散となります。

「住んでいる方にとって、住みやすそうな住まいだったのが印象的だった」
「リフォームでゆったりと全体に温度差がないというのが凄い!」
「お客様からの信頼が厚いということが伝わった」

など、とても嬉しい感想をいただきましたよ(*^^)v

OB様邸訪問ツアーは、
迎えてくださる方が、家族で揃ってくださる事が多いので、
私も楽しみなんです!

久しぶりに会ったT君。
すっかり歩けるようになって、
指で2歳だと示し、良くおしゃべりをします。

可愛かった~(*^▽^*)
また会いに行きたいです(笑)

ご参加いただいたN様、M様。
そしてご協力いただいたK様、F様。

本当にありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

お引渡しセレモニー! ~in 毛呂山町~

こんばんは。
田中です。

今日は、毛呂山町で大規模リフォームを行っていた
S様邸のお引渡しでした。

矢川原では、お引渡しの際にささやかではありますが、
セレモニーを執り行っています。

終始賑やかで、楽しいセレモニーとなりましたよ(*^^)v

玄関でのくす玉オープン!
今回はご主人と娘さんでした。

シャンパンオープン&乾杯!
ノンアルコールなので、子供にも参加してもらいます(#^.^#)

そして、今回のメインイベント!
家族全員からお父さんへの手紙です!!

長男、次男、長女と手紙を読み上げていき、

3男と次女は、お絵かきを渡してました(#^.^#)
そして、トリは奥さまから・・・。

子供たちは、日ごろのお仕事のお礼や
新しい家を建ててくれたことへの感謝など、
聞いていてこちらが泣けてきそうでした。

奥さまも同様で、感謝とお礼の気持ちを伝えていました。
でも、それで終わらず、一つの夢の終結と新たな夢のお話がされてました。
素敵ですね~。

家族からの手紙。
自分がされたら、絶対泣くと思いますが、
ご主人けっこう冷静でした。すごい(笑)

でも、喜んでくださっているのは分かったので、
嬉しかったですね(*^^)v

最後はみんなで記念撮影。

Sさま。本当にありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

セレモニー後のインタビュー風景。
なんかいいな~と写真を撮っていて思った一枚です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現場ニュース ~川越・川島町~

こんばんは。
田中です。

ブログが中々更新できていませんが、
ちゃんと仕事はしています(笑)

そんなわけで、今日は現場ニュースをお伝えしますね。

まずは、自宅でもある展示場から徒歩1分。
来月着工予定の現場で地盤調査を行いました。

矢川原の地元周辺はあまり地盤が良くないので、
改良工事が発生することが多いのですが、
今回はどうなるのか?
現在結果待ちです。

そしてもう一つ地元川越市山田では、
外構工事をしています。

10年ほど前に新築したお客さま。

「芝生の管理がもうできない!」ということで、
コンクリートを打つことに・・・

庭好きな自分としては少し寂しいですが、
これもお客様一人一人の考え方。
少しでも良くなるように考えます。
樹木は残してくれたのは良かった!ずいぶん違いますもんね(*^^)v

レンガを使ってデザインしながらのコンクリート工事。
不安定は天気が続きましたが、
何とか外部が終了し、ホッとしました。

内部が少し残っているので、こちらはもう少しかかります。

そして、隣町川島町では、
水回りのリフォーム工事中。

リビング・ダイニングの床は、ナラの無垢材です。
大工さんが一枚一枚丁寧に貼っていきます。

紙を挟みながらの施工は、無垢材の収縮に備えてのこと。
これは生きている無垢材ならではですよね!

そして、作業の合間にまな板削りを頼まれたとのこと。

きれいになったとお喜びいただきました。
矢川原ではこんなことにも対応します(笑)

キッチンの入れ替えは終了し、
あとは、お風呂工事となっています。

0.75坪のお風呂に不満があったということで、
思い切って一部増築して1坪としました。

これから壊すので、しばらくお風呂に入れませんが、
ゆったりと入れるお風呂を待っているということで、
我慢していただきます(笑)

喜んでいただけると嬉しいですね~。

熊谷でも改装工が進行中です。
こちらは、リビングに床暖房を設置する工事です。

増税前で少しバタバタしていますが、
こんな感じとなっています。

何か住まいのことで、お悩みがございましたら、
お気軽にお声掛けください。

台風被害について

こんばんは。
田中です。

先週末の台風は、かなりの大型であったことから
あちこちで被害のニュースが流れていますが、
皆様はいかがでしたでしょうか?

弊社の方は、台風通過の翌日あたりはそれほどでもなかったのですが、
数日経過した辺りから、被害に改めて気が付いたのか
雨漏りの調査依頼や改修などの問い合わせが増えてきています。

順次対応していきますので、
ご迷惑をおかけしてしまうこともあるかと思いますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

そんな台風被害ですが、
矢川原のある埼玉県川越市では、
中心から若干距離もあったことで、
影響は少ない方だったように思います。

ニュースを見ると、目を覆いたくなるような映像が流れていますからね。
被害にあわれた方の少しでも早い復旧を願うばかりです。


台風被害を少しでも軽減するためには、
やはり早めの対策が重要になります。

弊社では、幸いにも足場等がかかっている現場はありませんでしたが、
作業場などの材料が転倒したり、飛ばされたりしないように
ロープで縛るなどの対策を事前に取りましたよ(*^^)v

では個人として、自宅敷地内で出来ることをなにかというと、
まとめてみるとこんな感じです。

・植木鉢等の飛んでいきやすいものを室内に入れておくこと。
  入れられないものは、縛るなどしておく。
・雨戸が付いていれば、きちんと閉めること。
・ベランダがある場合は、排水が詰まっていないか、確認しておくとよいです。
  排水が詰まるとベランダ内に水が溜まってしまい、
  雨漏りの原因となってしまうからです。

簡単に上げましたが、他にも屋根や外壁の状態もとても重要になってきます。
ただ、これらは台風接近に伴って確認したところで、
対策がとても間に合わないので、やはり定期的なメンテナンスが
大事だということになってきます。

台風の最中に対策をしようとするのだけは、絶対に避けてくださいね。

私が、外壁のメンテナンスとして意外と知られていないと感じるのは、
サイディングの外壁にも塗装が必要であるということ・・・

そして、もっと知られていないと感じるのが、
目地を埋めているコーキングには寿命があって、打ち直しが必要だということです。

コーキングは10年以上経過すると、
固くなってきて、ひび割れなどが起きてきます。

塗装を上からしてしまうと、
一見してきれいに見えてしまうのですが、
内部は古いままです。
塗膜だけでは、防水性能が保てないので、
そこから雨水が侵入してくることがあるのです。

外壁塗装を検討中の方は、
見積りにコーキングの打ち直しがちゃんと入っているのか
よく確認してみるとよいと思いますよ。

そして、もう一点補足します。
外部のメンテナンスの際には、
たいがい足場が必要になります。

屋根だけ、雨樋だけ、外壁だけといったメンテナンスは、
その都度足場を必要とするので、
なるべく一緒に工事をするのが、当然お得です。

ですが、それぞれの状態を見極めて判断するのは難しいはず・・・
お問い合わせいただければ、見に行きます。

皆様のお役に立てれば嬉しいですね(*^^)v

笑顔のお引渡し ~in 川島町~

こんばんは。
田中です。

お盆休み前に見学会を行わせていただいた
川島町N様邸。

暑い中、多くのお客様にご来場いただくことが出来ました。
手伝ってくれた協力業者の方、
足を運んでくださった方々、
何より見学会の開催を快諾してくださったN様に本当感謝です。

こちらの現場。
先日、無事お引渡しをすることが出来ました。

矢川原では、お引渡しの際にちょっとしたセレモニーを行うのですが、
終始笑顔の溢れる嬉しいセレモニーとなりました(*^^)v



家づくりの第1条件は「夏涼しく、冬暖かい家」というNさま。
1台のエアコンでほぼすべての空間を涼しくできていることに
凄くご満足いただけることが出来ました。

本来は、もっとゆっくりのお引越しの予定でしたが、
仮住まい先の暑さとこの家の快適さに
引っ越しの日時を早めたほどでしたよ(笑)

冬にも家全体が温まるように採用したのが「床下エアコン」

基礎断熱とした床下にエアコンの暖気を送り込み、
床下全体を温め、各所に設けたガラリから暖気が上がってくる仕組みです。

今回は、「床やさん」という床下用換気扇を設置して、
機械で暖気を引っ張ってくるようにしてあります。

和室は床の間の奥をちょっとアレンジして。
トイレはバリアフリーのため、かなり広めに設計してあるので、
手洗いの下に隠してみました。

矢川原でも初の試みになるのですが、
効果が楽しみです。

内部も落ち着いた空間になりましたよ!

玄関に入ると、まず坪庭が迎えてくれます。
ベンチもあるので、靴を履くにも楽になりますし、
お客様と話をするのにも使えますね。

この坪庭はダイニングとも共用しています。
食事の時に、庭が楽しめるって贅沢だと思いませんか?

ダイニングから見るとこんな感じ。
この配置を思いついたのは、
奥さまがダイニングテーブルで
日記をつける習慣があるということをお聞きしたからです。

その日常のわずかな時間が、より豊かになれば・・・
そう思ったのがきっかけでした(*^^)v

リビングは和室と一体感を持って使える造りとし、
吹き抜けのある開放的な空間となっています。

写真左のテレビ台の中に、エアコンが隠れているんですよ!

和室は本格的な和室としました。
秋田杉を用いた竿縁天井です。

床柱、床框、落とし掛けは、
建て替え前の建物で使用されていたものを
解体前に外しておき、再利用しています。

仏壇の建具なども同様です。

矢川原では、思い入れのあるものなどは、
一手間かけても再利用することをお薦めさせていただいています。

ご主人の寝室には畳コーナーを設けてみました!
寝るときは布団を敷いて、ベッドのように使え、
布団を上げれば、くつろぎの居場所となります。

障子を開け放つと生垣やお隣の庭、
そして空を楽しむことが出来る場所となっています。

「出窓に腰かけてもいいよね~」と
ご主人にも気に入っていただけましたよ(*^^)v

こちらは階段を上がってすぐに設けた3帖のホール。
土手の向こうに山並みの見えるとても気持ちの良い場所となりました。

この敷地で一番、気持ちよさそうだな~と設計段階で感じた場所で、
工事中にお客様から「ここにベンチを作ってほしい」と
言われたときは、思わずガッツポーズが出てしまいそうでしたね(笑)

2階に作った奥さまの趣味の空間。
吹き抜けに面してカウンターを作ったのは、
下にいるご主人の気配もわかるように。

子供家族との同居の可能性も捨てきれないというお考えもあり、
この部屋は、同居の際にはお孫さんの部屋にできるように
考えてあります。

クローゼットを作り、ベッドを置くことを想定して
コンセントやスイッチも配置してあります。

このカウンターは、そのまま勉強机になりますよね(*^^)v

2階のもう一部屋も、
子供家族が泊まる時の寝室になりますし、
同居の際はご夫婦の寝室として使用できるように考えてあります。

住まいづくりをする上で大切なことは、
未来をできうる限り考えて作ること。

ただそれは、単純に部屋を増やすということではなく、
その家族の在り方を想像しながら行うことが大事なのだと思います。

お客様一人一人と向かい合って、
ゆっくりと話を聞かせていただき、
一緒に住まいづくりをしていくことが出来たら嬉しいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

全力であそぶ! ~お盆休み編~

こんばんは。
田中です。

矢川原では、12~16日までお盆休みをいただき、
休み明けからおかげさまで、忙しく動いておりますが、
皆さまはどんなお盆休みでしたか?

今年は、土日と絡めて10~18日の9連休だった方も多いとのこと。
羨ましいですね~(笑)

私は5日間という期間でしたが、
無事休むことができ、休みをたっぷり満喫することが出来ました(*^^)v

12~14日までは、家族キャンプ!

テントを張って、焚火をする。
タープもあるので、雨が降っても全然平気!
なんとも幸せな時間ですね。

BBQも良かったですが、
朝食のフレンチトーストの贅沢感が凄かったです(笑)

娘も歩き始めたので、たっぷり遊べました。
GWのキャンプの時は、ず~と抱っこでしたから大変だった(;^_^A

水が本当にきれいです!
私は明るいうちからビール飲んで幸せ~(笑)


15日は、友人宅にあるツリーハウスでカレーとビールを楽しみました!

建築関係の方が10名を超えて集まり、
こだわりのカレーをいただくという贅沢な会。

家族で参加させていただきました。

それにしても2.5畳ほどのツリーハウスの中の快適なこと!
窓からの景色が最高でしたね!


16日は、午前中は薪割り。
集めておいた薪を薪ストーブの仕入れ先のウェックさんで
薪割り機を借りて、割ってきましたよ。
これが唯一の仕事でした(笑)

午後からは、上尾市のこどもの城に行って、
娘をたっぷり遊ばせて、そのはしゃいでいる姿を見て
ただただ、ニヤニヤしているという時間(笑)

5日間、すべてを使い切る大満足の休みとなりました。
難点は、体の疲れが全然取れないこと(笑)
でも、心の疲れはスッキリ解消できたので、
休み明けも頑張っております。

仕事も遊びも全力で!
これからもよろしくお願いいたします<m(__)m>


ちなみに17日は、川越花火大会が伊佐沼で行われ、
姉の家に家族中が集まり、花火を楽しみ。

18日は、高校の頃からの友人たちとの飲み会という
ハードスケジュール。

ちょっと無理し過ぎたので、しばらくはおとなしくしようと思います(;^_^A

見学会終了。そして明日から16日までお盆休みに入ります。

こんばんは。
田中です。

昨日・今日の二日間。
猛暑の中、川島町の現場で見学会を開催しました。

あまりの暑さに人が来なかったらどうしようかと
心配しましたが、多くの方にご来場いただくことが出来ましたよ。

そして、そのほとんどの方が、
エアコン1台で家中が冷やされている状況に
とても驚いておられました。
写真左手の2階があるところ、1.2階合わせておよそ30坪(60帖)が
14帖用エアコン1台でまかなわれています。

*写真右手の平屋部分は、寝室となっていますが、
 こちらは、軽くエアコンを回していました。

内部はこんな感じに仕上がっております。

玄関入って正面の坪庭は、玄関からはお客様を楽しませ、
ダイニングからは、住む方がその緑を楽しむことが出来ます。

大きな吹き抜けから光が降り注ぐリビングは、
真壁造りとなっていて、壁は漆喰仕上。

障子があることで、落ち着いた雰囲気になっていますね。

階段上がった2階のホールからは、
土手の緑やその向こうの山並みを楽しむための居場所があります。

他にもご紹介したい場所はありますが、
それはまた後日改めてご紹介いたしますね。

矢川原では明日から16日まで、5日間のお休みをいただきます。

ご不便をおかけすることもあるかと思いますが、
何卒よろしくお願い申し上げます。

 

自然と共に生きる家! ~in 毛呂山町~

こんばんは。
矢川原の田中です。

毛呂山町で行っているS様邸工事。
全体像がほぼ見えてきましたよ。

「自然の中で暮らしたい」と求めた中古住宅を、
家族の生活に合わせ、しっかりとリフォームしています。

こちらはダイニングスペース。
ダイニングとキッチンの間には薪ストーブが設置されています。

ダイニングからは暖を取りながら、炎を楽しみ、
キッチンからは料理に活用しやすいようにしてあります。

以前、庭でラズベリーが取れたという話をしていたので、
ジャムを作るなど、いろんな形で活用してもらえたら嬉しいですね!

ダイニングの奥には、小上がりの畳コーナーがあります。
家族みんなのくつろぎの居場所になりそうです。
キッチンはこだわりの造作キッチン。
間口を3.6mと長くとることで、家電置き場も兼ね、
作業スペースも広々です。

吹き抜けの上部のこちらのガラリは、2階の寝室へとつながっています。
薪ストーブの暖気が2階にも行きやすくなるように一工夫。

「自然と共に生きる」というテーマに当たり、
家の中からも外の自然を感じられるようにしたいと考え、
あちこちに外を感じる居場所がちりばめられています。

ダイニングからは、季節になると桜が本当にきれいに見えます。
こちらは工事中に撮った写真。羨ましいほどですね(笑)
仕事部屋からは、裏の里山風景を望むことが出来ます。

別室としたリビングには、ウッドデッキを設けて、
庭のモミジを楽しめる場所を作ってみました。

2階のベランダは、味気ないアルミベランダだったので、
手摺を撤去し、躯体のみ再利用してウッドデッキ風にアレンジ!

ここからも桜が良く見えるんですよね~!

素材にもこだわり、自然素材をたっぷり使っています。
ご主人こだわりは、桧の板張りのお風呂。
ついつい長湯してしまいそうな、お風呂となりました。

玄関入ってすぐの木製格子は、
「家全体をあまり仕切らず、一体になるようにしたい」という
奥さまの要望に合わせて提案したもの。

視線を遮りつつ、風を通し、
薪ストーブの暖気を全体に行き渡らせる効果を生みます。

空間にも、よいアクセントも与えてくれますよね!

これからクリーニングを行い、畳が入り、
家具などが入ると、もっと雰囲気が良くなりますよ!

こちらの現場は、8/31.9/1の二日間で
見学会を行います。

興味のある方はぜひ見にいらして下さい。
詳細はこちらをどうぞ。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。