夏本番前にエアコンの試運転を!

天気予報を見ると、今週末は30度を超えるとか!
土曜日は小学校の運動会なのに((+_+))
ちょっと怖いです。。。

こんな風に急に暑くなってくると、
そろそろエアコンの出番かなと思いつつ、
今から使うのもなぁと、ちょっと躊躇してしまう、
なんて方も多いのではないでしょうか?

でもこの時期、5月から6月前半くらいに、
一度エアコンを使っておくのは悪いことじゃないみたいなんです。

 

メーカーサイトによると、
この時期、5月から6月前半くらいの本格的なシーズンの前に、
エアコンの試運転をしてほしいと推奨しています。

エアコンを本格的に使い始める6月後半から7月くらいになると、
問い合わせや点検などの依頼がメーカーに急増して、
修理対応もかなり待たなければならなくなってしまうことも多いそう。

なので、まだちょっと余裕のある今頃に、
エアコンを試運転して、不具合がないかどうか確かめ、
もしあるようなら早めに修理をしてください、ってことみたいです。

 

試運転の方法としては、
メーカー各サイトに掲載されていますが、
例えば矢川原でよく設置させていただいている「ダイキン」では、
こんな感じ。

ダイキンHP>試運転の方法

簡単にまとめると、
「冷房」設定にして、温度を最低温度(16~18℃)に設定し、
10分程度運転します。

この時、冷風がきちんと出ているか
異常を示すランプが点滅していないか等を確認し、
さらに30分程度運転して、室内機から水漏れ等がないか、
また異臭異音がしないか確認します。

もし試運転をして、何かしらの異常が発生した場合は、
購入した販売店やメーカーの修理窓口に相談してくださいとのことです。

 

確かに下手に真夏まで我慢して、
どうしようもなく暑くなってからエアコンをつけたら、
壊れてました。

・・・というのはかなり悲惨ですよね。
下手をすれば命にかかわります。(大げさでなく(;^ω^))

おかしかったら早めに修理。
そのためにもぜひエアコンの試運転、しておきましょう

 

ついでにフィルターを掃除して、
室外機周辺に物を置いていないか、
チェックしておくのもおすすめですよ。

ちなみに、試運転では16℃設定とか言ってましたが、
実際使用するとき28℃設定に戻すのを忘れないでくださいね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA