こよなく愛する地域への取組み

IMGP3256こんにちは。
矢川原の野島です。

歴史ある街、“川越”に愛着をもっている矢川原。
半世紀ほど地域密着で、住まいづくりに取り組んできました。
そんな私たちが、家づくり以外でも地域に対して、取り組んでいることがあります。
どんなことをしているのかをお伝えさせていただけたらと思います。

 

【自警団】
2013地元盆踊りでの交通整理協力(甥と)―地域の皆さまの安全・安心を見守る消防団

地域密着として、山田地域の皆さまに末永く住みついていただきたいという想いが私たち矢川原にはあります。

地域の皆さまに人生を楽しんでいただくためには、家づくりはもちろんのこと、

091206_1032~01地域の家守りとして、災害などからもお客さまを守りたいという想いから取り組んでいます。

 

 

 

【山田八幡神社ほろ祭り】
―800年の歴史ある神社の祭り山田八幡神社 二年参り

歴史ある街“川越”の伝統を見守っていきたいという想いから、参加をしています。
こうした伝統行事を大切にしていくことも、地域を大事にすることに繫がると感じているからです。

 

【川越の木遣り(きやり)】 
名称未設定―祝儀歌として、上棟式などでお祝いをするための歌

昔からの伝統である文化。
変化も大事ですが、残すべき良き伝統は、地域の文化として続けていけるように大切にしていきます。

 

【その他】
―矢川原ではこんな取り組みもしています。

・お寺の天王さまの改築
・自治会館の修繕(南山田地区・北山田地区)

矢川原がこの地“川越”にありつづける限り、地域の安全・安心を見守り続け、大切な文化も、これからも絶やさないようにしていきます。
今後の地域の取組みについては、幅広くなっていくと思います。
様々な活動や行事などを通じて地区民との『絆』を大切にしていきます。

これからも、矢川原をよろしくお願いいたします。

 

 

Top