Kさま邸_【晴れの日も雨の日も心地よい家】

 天井には杉、床には檜が使用されています。
玄関に入ると木の香りに包まれる住まいは、あちこちに家族の居場所を散りばめられ、
庭に面した窓際には造りつけの大きなソファが。このソファは家族みんなのもの。
子どもたちの遊び場であり、家事の合間のお母さんの一休みの場所であり、
仕事終わりのお父さんの寛ぎの場所にも・・・。

お施主さま:Kさま邸
施工場所:川越市松郷
間取り:1LDK+フリースペース
家族構成: ご夫婦 お子さま1人
竣工 :2018年5月



~家づくりのエピソード~

20年以上前に母屋を矢川原で建替えしたKさま。娘さんがご結婚され、隣の敷地にその住まいを建てることにあり、再び矢川原に声を掛けてくれました。
長く住めるシンプルな家にしたいという娘さん家族。緊張したファーストプレゼン。
気に入っていただき、ほとんど変更のない形で工事をご依頼いただくことになりました。

~こだわりポイント~

長く住むために大切なことは快適であること。ですので、断熱・耐震といった基本性能はもちろんのこと、家事動線には特に配慮しています。
小さなお子さんがいることもあり、ガレージは建物と一体とし、ガレージから雨に濡れることなく、建物内に入れる裏動線を確保。
暮らしの中心となるキッチンからは、LDはもちろん、買い物をしっかりストック出来るパントリー、室内干しも可能な洗面脱衣室に抜ける円を描く動線を計画しています。

シンプルな切妻屋根。
左にあるガレージからは直接家の中に入れる
勝手口があるので、雨の日もとても便利です。

玄関を入るとLDKがつながります。
杉の小巾板の天井や床が奥に伸びて、
空間の奥行を感じさせます。

玄関の隣にはご主人待望のストレッチコーナー!
一段下がったこのスペースはキッズコーナーにもぴったりです。

ダイニングの上には吹抜が。
朝日がふりそそぐダイニングで朝食を食べたら
気持ちよさそう!

障子で落ち着いた雰囲気のリビングスペース。
引き込み戸になっている障子を開けると
庭の緑が目に飛び込んできます。
座ったときの眺めを考えた窓配置。
ソファーもそのためにオーダーメイドしました!

ダイニングの横には独立タイプのキッチン。

そのキッチンの奥には、
たっぷり収納できるパントリーを設置。

キッチン、パントリー、そしてさらに洗面所へと繋がる
便利な円動線になっています。

2階への階段を上がる途中にある小さな小窓…
開けるとキッチンへとつながっています。
今はまだ小さなお子さまが、大きくなって、
料理をしているお母さんと「あのね、今日学校でね…」
そんな話が出来たらいいな、そんな想いを込めてみました。

2階に上げると広いホール。
ここは将来間仕切って、子ども部屋になる予定です。
ホールからは吹抜を通して、
外に広がる田園風景と空を眺めることが出来ます。

隣家に接する寝室には東側にあえて大きな窓は付けず、
出窓にウインドキャッチの小窓を付けました。
出窓の奥はアクセントクロスを使用し、ディスプレイコーナーに。
逆に外に開けた北窓を大きめにし、
窓の外の景色を楽しめるよう配置しています。

2階にも手洗いスペースがあると便利。
おしゃれなボウルで仕上げました。

~担当者からのメッセージ~

私の入社前に母屋の建替えをお任せいただき、その当時子どもだった子が結婚し、子どもが生まれ、その建物をまたお任せいただけるという本当に感慨深い建物です。私個人としても、希望を書いていただくアンケートを頂戴し、初めて模型を使ったプレゼンでは、ものすごく緊張したのを良く覚えています(笑)
その図面や模型を見ていただき、小さな変更点はあったものの、ほとんどそのまま工事をご依頼頂けた時は本当に嬉しかったですね。建物が少しずつ完成に近づいていくのをお客さまと共に楽しめたのはとても幸せでした。
これからまた長いお付き合いがスタートいたします。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

>>施工例・新築TOP

Top