ウレタンを金物に吹きました!

こんにちは。

先日、上棟したT様邸にて
外壁側の金物にウレタン(断熱材)を 
吹きました~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真のようにガンで吹き付けをし、
膨れてきてはみ出た部分を下の写真
のようにカットします。
ウレタンで金物が見えなくなるように
するのがポイントですね。
ちょっとした作業に見えますが、
重要なことなのです。

なぜ外壁側の金物にウレタンを吹くか
というと、金物は外からの熱を吸収してしまい、
吸収した熱を室内に伝えてしまいます。
そこでウレタンを吹くことによって、熱の
吸収を抑えるためです。

下地材を貼ってしまってからでは、ウレタンを
吹けなくなってしまうので、これもまた注意が
必要です。

今回、大工さんが下地材を貼り始めたころに
ウレタンを吹いていないことに気づき、何とか
取り返しはつきましたが、この作業の重要性に
気づかされ、反省をしました、、。

建築は大きな作業、小さな作業問わず
重要なことだらけですね。

また一つ、小さな作業から大きな学びが
ありました!

T様邸、上棟!

こんにちは。

先日、上棟をしました!



 

 

 

 

今回で上棟の立ち会いは3度目となりました。

雨が立て続けに降っていましたが、当日は
天気に恵まれてスムーズに対応をできました!

とはいえ、今回の新築は大きめのお家で
私にとって初めてのことをやらさせて
いただいたので、あたふたした部分も
ありました(笑)。

前回のF様邸の上棟の時は入社して間もなかったので、
できることがごくわずかだったのですが、
比べて今回は上棟に必要な金物等を図面から
拾ったり、柱や梁を立てるなどとできることが
増え、少しではありますが進歩を感じられました。

地鎮祭を行ったおかげか、けが人が出ることなく
上棟をできて一安心です。

今後も気を引き締めていきたいと思います。

F様邸のお引渡し

こんにちは。

ついに、今年の4月から立ち会ってきたF様邸の 
お引渡し日がやってきました。

 

 

 

 

 

基礎工事をはじめ、建物の構造やその機能など
数えきれないほどの学びがありました。
又、建物だけではなく、F様との立ち合い
にて、ご要望を聞きながら内装を調整して
いくなど、生活をする上での動線や利便性に
ついて養うことができました。

利便性については予測するだけでなく、お客様のお話
を聞いたり、実際に歩いてみることによって、
より考えられるようになると思いました。


お客様がいなければ、経験を積むことができがたい
のでとても感謝をしています。
F様には手書きのお手紙をいただき、読ませて
いただいたら感謝のお言葉が詰まっており、
目がうるっとしてしまいました。

私自身、入社して初めての基礎工事からお引き渡し
までの立ち合いとなったので、とても思い出に
残るストーリーとなりました。

 

 

地鎮祭を行いました!

こんにちは。

少し間が空いてしまいましたが、地鎮祭に参加
させていただきました。






 

 

 

地鎮祭とは、基礎の工事にかかる前に
土地の神様へ工事を無事に終えられるよう
祈る祭事です。

写真にある笹4本の間隔やしめ縄(ひものような
もの)など、一つ一つ取り付け方には決まりや 
意味があり、又、正面にする方角までにも
決まりがあります。

祭りと言っても式のような雰囲気だったので、
緊張感がややありました。

地鎮祭をしっかりと行ったので、安心!
とまではならないですが、ケガや事故が
無いよう、改めて気を引き締めさせてくれる
行事となりました。

上棟も直前で楽しみです。
今後の進行をお楽しみに下さいませ!





配筋検査をしました!

こんにちは。
先日、新築工事予定の現場にて配筋検査をしました! 

配筋検査に立ち会うのは初めてではないですが、
検査をするのは初めてとなります。 

配筋は基礎となる部分に配置します。
なぜかというと、基礎はコンクリートでできている
のですが、コンクリートは押される力に強い反面、
引っ張られる力には弱くあります。
そこに引っ張られる力に強い鉄筋を入れることによって
カバーをできます。

コンクリートを流し終わってからでは配筋の訂正をできない
ので、確認に確認をしなければなりません。
配筋検査はとても重要です。 

今回の配筋検査は無事に一発合格できました!

今後上棟も控えており、楽しみになってきました。
進度状況を淡々と報告できるように
努めてまいります。

地盤改良を視察!

こんにちは。

先日、地盤改良を視察してきました!
前回の現場の地盤改良は立ち会うことが
できなかったので今回が初めてとなります!

地盤改良とは名前の通り、耐震等
建物を安定させるために地面を掘り、
そこに杭(簡単に言うと丸太)や砕石を入れて
地盤を強化することです。

今回は砕石を2.5mほどの深さまで流し込みました。
砕石はすべて自然石を使用しており、砕石が支持層に
到達していなくても支持力を発揮します。
又、掘る体積分の土は取り除くのではなく
押し込んで固めていくので、より強固な
地盤を作り上げていきます。
土を取り除く除去費用も掛からないので
コストも削減できてしまいます!

地盤の軟弱層が浅ければ木杭を打ち、
深い場合は砕石を押し込んで砕石柱に
します。(他なる場合もありますが)

極論ですが埼玉県の南側に向けて比較的
地盤の弱い地域が増えているようです。
ですが、地盤改良をすれば安心感がありますね~。

もうじき上棟もする予定なので、進度状況を
更新していけたらと思います!

初めてのリフォーム工事の立ち合い

こんにちは。

今回私自身初となる、リフォーム工事の現場に
立ち会いました!

少し古い建物なので、以前に新築を建てていた
お家とは構造が違う部分が多く、新しい発見が
多々ありました。

昔の住宅は細い構造材をたくさん組んでいたんですね~。
手間がよりかかっているように見えます。
昔の人の知恵はすごいんだなぁ、、。
極端に言うと、比べて今は太めの構造材を少なく
組んでいるところでしょうか。

又、リフォームということですが、すべての構造がガラッと
変わるわけではなく、従来のものを取り残す部分もあり、
少々複雑で難しそうな感じがありますね。

ですが、部分的な工事は今までのなじみある雰囲気をまっさらに
しないでリニューアルできるので、ここもリフォームのいいところ
ではないでしょうか。

私自身、初めて今昔の構造材の組み合わせを目にするので
新鮮に感じました。

完成までが待ち遠しいです。

定期的に進度状況を報告していこうと思いますので、
お楽しみに!

 

 

武蔵会に参加しました!

こんにちは。

先日、会社同士で集まって座談会をする
武蔵会にさせていただきました!









 


今回は矢川原が会場となり、新展示場をはじめ、
3か所ほどの見学会をした後に座談会を実施しました。

ベテランさんばかり且つ、初めてということもあり
なかなか緊張をしましたね~。

見学会では、他社様が社長に質問を投げかけて
おりましたがやはり、質問の内容がやや難しく、
ベテランさんなんだなぁと感じました。

座談会では、各社がウッドショック(現在木材の値段が高騰
していること)や設計についてなど、モニターを通して
写真や説明を映しながら話し合いました。

普段は田中社長の作った間取りやデザインを
見ることがほとんどですが、加えて他社様の設計デザインを
本人の解説付きで拝見することができ、
やはり、設計者さん一人ひとりの個性があることを
感じられました。

私にとって貴重な会となり、お仕事でも活かせるように
頑張りたいところです。

武蔵会にご一緒させていただいた方々、
ありがとうございました。

初!造園センターに行って参りました。

こんにちは。

先日、人生で初めての造園センターにお客様との
立ち会わせで行っていきました!

 

 

 

 

 

小さいお花から大きな植木まで、数百種類もの植物がそろえ
られていました! 

率直に欲しいものを買う!
というのもいいかと思いますが、お庭の造園は
植木を楽しむ+外からの目隠しや季節に応じての
日光をコントロールすることができます。

お客様もそれを踏まえてワクワクしながら、
植える植物を決めていました。
もちろん、私もワクワクしました。

一年中葉がある植物を「常緑樹」といい、
常緑樹を道路側のお庭に植えることによって
外からの視線を遮ることができます。

定期的に葉を落とす植物を「落葉樹」といい、
落葉樹を植えると夏は葉が日光を遮ってくれて
涼しくなり、冬は葉を落とすのでお庭や窓から日光が
よく入り、暖かくしてくれます。

これらを組み合わせることによって夏は涼しく、
冬は暖かい環境に近づけます。

これは嬉しいですよね~。

更に、植物は人にリラックス効果やストレス緩和、
クリエイティビティが上がるなど、様々な作用を
与えてくれるので、いいこと山だくさんなのです!

今のご時世、おうち時間をより一層楽しめますね~。

私も育てるのが簡単な植物から植えていこうか
なんて思っています(^^)

皆様も是非、数本でも植えてみてはいかがでしょうか!?

内壁材を貼り終えました

こんにちは。

先日、新築工事中のU様邸にてクロス(内壁材)を
貼り終え、塗装も完了しました!

完成まで着々と迫ってきました!  

今回はオガファーザーという紙クロスを使用していて、
オガファーザーは高い調湿効果やカビ抑制、静電気が
発生しないためほこりがつきにくく、環境に優しい
です。
(お値段も少々上がってしまいますが、、。)
塗装をしないお客様も少なくありませんが、
塗装をすることで壁紙クロスでは出せない質感を
出せます。 
難点は、無塗装と比べて少々汚れがつきやすいと
いうところでしょうか。

でも、塗装仕上げの場合は汚れたところだけ
再塗装すれば目立たなくなるので、
大掛かりな作業がないのが良いです。

塗装後の紙クロスはとても清潔感の色合いになるので、
囲まれると心が浄化されていきそうです(笑)
オガファーザーは150年も前からあるそうですよ(゚Д゚;)
すごい技術ですね~。

建物の内装はもう完成形なのであとはお庭ですね(^-^)
一日でも早く完成したお庭を見れるよう、引き続き
大工さんたちと頑張ります!