Hさま邸_【愛車も喜ぶビルトインガレージと隠れ家のある家】

 043 (3)

リビングの吹抜けは、3帖程。
ベランダに出るための通路をすのこ状にしてあることで、
この部分からも光を取り込むことができます。
夜には照明がスリット状に見えるのが素敵です!

お施主さま: Hさま邸
施工場所: 川越市霞ヶ関北
間取り: 4LDK+隠れ家収納 ビルトインガレージあり
家族構成: ご夫婦 お子さまふたり(姉、弟)



~家づくりのエピソード~

お子さまのアトピーへの配慮からなるべく自然素材を使用した住まい造りを検討し、弊社にお問い合わせいただきました。他の施工現場等にも足を運んでいただき、体で感じてもらいながら仕様を決めていった経緯があります。薪ストーブの暖房能力を最大限に発揮するため、住まいの中心に吹抜けを設け、明るく開放的な空間が魅力ですね。また、大切な車を入れるために、ビルトインガレージとし、玄関からその姿を見るための窓を設けるなど、こだわりがたっぷり詰まった住まいとなっています。

 

 

023 (6)檜の無垢の床板に真壁造りの漆喰を塗った壁、
その中心には薪ストーブが設置されています。
吹抜けからの光が優しくリビングを照らしてくれます。

067ビルトインガレージに向けた地窓がポイント。
ここから愛車を眺めることができます。
天井付近の竹は、建替え前の和室で使用されていたものを、
思い出の一つとして、再利用いたしました。

073 (2)階段の途中から入る隠れ家です。
高さを1.4m以下とすることで、床面積に算入されないメリットがあります。
使い方は、収納はもちろん、書斎や趣味のお部屋として活用するなど自由自在です。

075 (2)壁の厚みを利用した本棚です。
建築中にちょっと使えそうな空間があったので、お客さまとの打合せで作ることに。
 階段に座り込んで本を読んでしまいそうです(笑)

083 (2)開放感たっぷりのホールです。
薪ストーブでポカポカの空間は、快適な読書コーナーとなりますね!

075白を基調とした落ち着いた外観に、
ベランダの手すりとフェンスの手すりを木製フェンスとすることで、
アクセントと調和を図っています。

~担当者からのメッセージ~
お引渡しの際に、「長年住み継いでいくことのできる住まいを造ってくれてありがとうございます」というお言葉やご家族全員からお言葉を頂けたことに感動したことをよく覚えています。
現場が進行していくことに喜びを感じ、無事にお引き渡しができた喜びと共に一抹の寂しさを感じました。これからは同じ薪ストーブオーナーとして、その暮らしを一緒に楽しんでいきましょう!

 

>>施工例・新築TOP

Top